JAL、機内食でオリジナルの肉まんを提供 - その名も「AIR肉まん」

 

日本航空は12月1日から、「江戸清 りーろん」と共同開発したオリジナル「AIR肉まん」を機内で提供する。対象路線は日本発ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・フランクフルト・ロンドン線で、プレミアムエコノミーとエコノミークラスとなる。

日本発ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・フランクフルト・ロンドン線で提供される「AIR肉まん」

具材には国産ブランド豚「やまと豚」を100%使い、通常より粗挽きにして食べ応えを高めている。通常のスチーマーより30℃高い110℃~130℃の「機内スチームオーブン」で蒸した時にモチモチの皮に仕上がるように、ブラウンシュガーを練り込んだオリジナル皮を開発し、これを使用している。この機内スチームオーブンと、「遠赤外線シート」を採用した個包装を活用することで、遠赤外線によって表面と内部が同時に温まり、最高の状態での提供が可能になったとのことだ。提供期間は3カ月。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[今週の新刊]「重版出来!」が登場 「火ノ丸相撲」や「僕のヒーローアカデミア」も
[18:30 8/28] ホビー
[中野杏]アイドルでパンクロッカー? ミスFLASHが“初心者目線”でNBAをPR!
[18:13 8/28] エンタメ
シチズン×モンベル、プロユース「PROMASTER」とアウトドアのコラボ時計
[18:08 8/28] スマホとデジタル家電
[美少女戦士セーラームーン]うさぎの布団が商品化 布団カバーと枕カバーがセットに
[18:04 8/28] ホビー
[ディーン・フジオカ]イベントで清野菜名とケーキ入刀 結婚式の思い出語る
[17:51 8/28] エンタメ