JAL、機内食でオリジナルの肉まんを提供 - その名も「AIR肉まん」

 

日本航空は12月1日から、「江戸清 りーろん」と共同開発したオリジナル「AIR肉まん」を機内で提供する。対象路線は日本発ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・フランクフルト・ロンドン線で、プレミアムエコノミーとエコノミークラスとなる。

日本発ニューヨーク・シカゴ・ロサンゼルス・フランクフルト・ロンドン線で提供される「AIR肉まん」

具材には国産ブランド豚「やまと豚」を100%使い、通常より粗挽きにして食べ応えを高めている。通常のスチーマーより30℃高い110℃~130℃の「機内スチームオーブン」で蒸した時にモチモチの皮に仕上がるように、ブラウンシュガーを練り込んだオリジナル皮を開発し、これを使用している。この機内スチームオーブンと、「遠赤外線シート」を採用した個包装を活用することで、遠赤外線によって表面と内部が同時に温まり、最高の状態での提供が可能になったとのことだ。提供期間は3カ月。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー