ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」体験してみた!

 

カラオケボックス「カラオケ本舗まねきねこ」や女性専用フィットネス「カーブス」を運営するコシダカが、11月25日(金)12:00、JR神田駅東口徒歩1分の立地にひとりカラオケ専門店「ワンカラ」をオープンする。22日、メディア向け体験会が行われたのでその様子をレポートしよう。

部屋は全24PIT(ピット)で全室禁煙。約2平米の部屋はコクピットをイメージしており、ルームではなくPITと呼ぶらしい。24PIT中、5PITは女性専用ルームとなっている。

受付を通過し、整然と並ぶ各PITへ

女性専用ルームには、パウダーピットと呼ばれる化粧直しの空間があり、女性に配慮した作り

広さは感覚的に大人2~3人は入れそう。「1人用」なので十分、快適な広さ。

また、室内の設備は、録画用のカメラ、モニター、左手にはデンモク、ヘッドホン、ハンディマイク、音量調整のミキサーなど。スライドマイク(壁付きスタンドマイク)がついている部屋もあり、踊りながら歌うことも

実際の「ひとりカラオケ」はヘッドホンを装着して歌う。ヘッドホンからは楽曲のサウンドと自分の声が流れる

さて、ホントのところ「ひとりカラオケ」にニーズにあるのだろうか? 株式会社コシダカの代表取締役、腰高氏に聞いてみた。

代表取締役 腰高 博氏

ビジネスとしての勝算は?

──2009年、2010年に弊社が運営する『カラオケ本舗まねきねこ』の来店調査をすると、約18%もの方が、一人カラオケを楽しんでいらっしゃいました。平日の昼にとある店舗に行くと満室だけど、すべてお一人様という状態も多い。これだけニーズがあるんだったら、専用店舗があってもいけるんじゃないかと。ちなみに私もひとりカラオケでよく歌っています

今後の展望について聞かせてください。

──3カ月間、テスト運営を実施し、その後の展開を判断しようと考えております。1日、だいたい60人くらいの来店がビジネスの基準にしています。まずは山手線沿線での出店を考えていきたいですね。

料金体系/ドリンクバー付き
12:00~18:00 600円/時間
18:00~6:00 1,100円/時間
ナイトパック(24:00~翌朝5:00) 2,600円

それぞれに別途ヘッドホン代300円が必要。初回利用時には入会金200円がプラスされる。詳細は「ワンカラ」の公式サイトで確認しよう。

人気記事

一覧

2016年7月24日の運勢

イチオシ記事

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー