GoogleカレンダーAPIバージョン3登場 - 今までのAPIは非推奨

Google Web Search

Googleは11月17日(米国時間)、Googleカレンダーの最新APIとなる「Google Calendar API v3」を発表した。GoogleカレンダーAPIはGoogleの提供するサービスの中でもよく利用されているもののひとつ。バージョン3における主な特徴は次のとおり。

  • JSONによる軽量リソース表現
  • 包括的で一貫性の取れたドキュメントの提供
  • 繰り返しイベントサポートの改善
  • カレンダーにおけるデフォルトリマインダ操作の提供
  • 新しいUIおよびイベントカラーへのアクセスの提供

新しいAPIはGoogle Tasks APIとよく似た文法を採用しているという。すでにGoogleカレンダーAPIを使ってアプリケーションを開発してある場合には注意が必要。Google Calendar API v3がリリースされたことで、以前のバージョン(v1およびv2)は非推奨APIへ扱いが変わっている。以前のバージョンは3年間サポートが継続する非推奨APIになり、2014年11月17日には提供終了となる。

Migration Guideにバージョン2からバージョン3へアップグレードするための情報がまとまっている。提供されている情報はプロトコル比較以外ではJava、Python、.NETのクライアントライブラリに関してのみ。ほかのプログラミング言語向けライブラリ向けの移行ガイドは掲載されていない。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事