Sony Ericsson、2011年発売のXperia向けにIce Cream Sandwichアップデートを提供

Junya Suzuki  [2011/11/16]

英Sony Ericssonは11月15日(現地時間)、同社スマートフォンのXperiaシリーズにおける「Android 4.0 "Ice Cream Sandwich"」対応計画について発表した。それによれば、2011年に発表されたXperia製品はすべてICSのアップグレード対象となり、具体的な提供時期については適時Blogで報告していくという。

既存製品のICSアップグレード計画については、すでに台湾HTCなどが発表しているが、今回のSony Ericssonの発表はそれに続くものとなる。対象となるのは、Xperia arc/arc S、Xperia Play、Xperia neo/neo V、Xperia mini/mini pro、Xperia pro、Xperia active、Xperia ray、Sony Ericsson Live with Walkmanの11機種で、すべて2011年内に発表されたモデル。提供タイミングは地域のキャリアによって異なるとみられるが、該当するユーザーは適時Sony EricssonのBlogをチェックしているといいだろう。

(提供:AndroWire編集部)

関連記事

HTC、2012年初旬をめどに同社端末にIce Cream Sandwichアップデート提供 (2011年11月08日)
Sony Ericsson

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

中学受験を選んだ親、選ばなかった親 - 「本人が希望」「本当に必要? 」
[10:00 5/3] ライフスタイル
「彼らは王者に値する」…レスター指揮官、選手を称賛「誇りに思う」
[09:15 5/3] パートナーニュース
【ヤクルト】4連勝で勢いに乗る昨季の王者…1分でわかる「vs.DeNA」情報
[09:00 5/3] パートナーニュース
【DeNA】7カードぶりの勝ち越しを目指して…1分でわかる「vs.ヤクルト」情報
[09:00 5/3] パートナーニュース
【オリックス】3位も見えた!“逆襲の5月”の足がかりへ…1分でわかる「vs.西武」情報
[09:00 5/3] パートナーニュース

特別企画 PR