Androidスマホを利用したNFCサービスの実証実験 - ソフトバンクら5社が実施

ソフトバンクモバイルとクレディセゾン、アメリカン・エキスプレス、大日本印刷、ジェムアルトは11月15日、Androidスマートフォンを利用したNFC(Near Field Communication)サービスの実証実験を日本で開始したと発表した。実施期間は2011年11月から2012年2月までの3カ月。

今回の実証実験は、AndroidスマートフォンにおけるNFC技術を用いた非接触IC決済サービスの検証を行うというもので、国際標準規格に準拠したアメリカン・エキスプレスの非接触型決済テクノロジー「expresspay」を用いて行う。実験はまず、ソフトバンクモバイルが提供するNFC対応USIMカードのICチップに、クレジットカード情報とexpresspayの決済アプリケーションをダウンロード。その後、NFC対応のスマートフォンを使って、加盟店店舗内に特別に設置されたexpresspay対応カウンターで非接触IC決済を行うという流れ。 なお今回の実験は、アメリカン・エキスプレスのネットワークを使ったスマートフォンによる非接触IC決済サービスの実証実験としては国内で初めて。

(提供:AndroWire編集部)

関連リンク

Galaxy Nexus登場前に、NFCとおサイフケータイの違いを整理 (2011年10月19日)
ソフトバンクモバイル

人気記事

一覧

新着記事