FreeBSDハイパーバイザ「BHyVe」、試験呼びかけ開始

ニュース
トップ

FreeBSDハイパーバイザ「BHyVe」、試験呼びかけ開始

後藤大地  [2011/11/15]

FreeBSD - The Power To Serve

CFT: Hands-on BHyVe」においてFreeBSDハイパーバイザ技術「BHyVe」の試験実施呼びかけが始まった。「BHyVe」はNetAppが寄贈したハイパーバイザ実装。タイプ2のハイパーバイザで、FreeBSDをホストとして動作する。動作にはIntel VT-xおよびEPT (Extended Page Tables)機能を実装したIntelプロセッサが必要。VT-d (Direct Device Attach)に対応したプロセッサである場合にはPCIパススルーも試すことができる。現在のところゲストで動作するOSはFreeBSDに限定される。ほかのOSのサポートは今後の開発課題とされている。

NetAppは2011年5月、カナダで開催されたBSDCan 2011において「BHyVe」を発表。BSDライセンスのもとで提供されている仮想化技術で、同列の技術としてはKVMやXenが相当する。FreeBSDのみならずほかの*BSD系OSにも応用が期待でき、KVMやXenに対応する技術として高い注目を集めた。BHyVeの発音はビーハイブ(「ハ」にアクセンがある)に近い。

BHyVeはその後のEuroBSDCon 2011やFreeBSD DevSummitにおいても中心的な議題として扱われており、開発者の関心を集めている。開発も活発で、一過性の技術ではなくメインストリームへのマージを目指して開発が進められている。BHyVeに関する技術資料はこれまで分散的だったが、CFT: Hands-on BHyVeには必要最小限だが構築手順がまとまっており参考になる。

BHyVeがマージされた場合、FreeBSDはプロセス空間やファイルシステム空間を分離するJail、ネットワークスタックを分離するVImage、プロセスのより進んだリソースアクセスを制限するCapsicum、さらにタイプ2ハイパーバイザBHyVeと仮想化/コンパートメント技術を強化することになる。

関連したタグ

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報