「iTunes 10.5.1」リリース、米国でiTunes Match開始

Yoichi Yamashita  [2011/11/15]

米Appleは11月14日(現地時間)、「iTunes 10.5.1」をリリースした。iCloudのiTunes向けプレミアサービス「iTunes Match」をサポートしており、米国で同日から同サービスの提供が始まった。料金は年間24.99ドル。

北米、欧州、オーストラリアなどで提供されているiCloudのiTunes向けサービス「iTunes in the Cloud」を使うと、パソコンやiOSデバイスのiTunes Storeから購入した音楽を、同じApple IDで使用している他のパソコン/iOSデバイスでもダウンロードできる。新たに購入した曲を自動ダウンロードさせることも可能。

このiTunes in the CloudのメリットをiTunes Storeから購入した音楽以外にも広げるのがiTunes Matchだ。CDから取り込んだ音楽やiTunes以外のオンライン音楽ストアから購入した音楽もiCloudから利用できるようにする。既存の音楽クラウドロッカーサービスの多くではパソコンからクラウドに全ての音楽をアップロードする必要があるが、iTunes MatchはiTunesの音楽ライブラリをスキャンし、iTunes Storeのデータベースと照らし合わせて登録するのみ。同ストアの2,000万曲以上に含まれていない曲のみをアップロードするため、短時間でパソコンの音楽ライブラリとクラウドを同期できる。

iTunes 10.5.1にアップデートするとメニューのストア欄に「iTunes Match」が現れる

契約すると、自動的にiTunesライブラリのスキャンが始まる

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】各社がアピールする“VR元年”は本当か - VRの現状を探る
[14:58 5/1] 携帯
青木宣親、1安打含む3出塁 マリナーズは2戦連続の完封勝利
[14:18 5/1] パートナーニュース
5月の消費意欲指数、GW出費が予想されつつも低調な予測に
[14:00 5/1] マネー
ムック「酒場人」発売記念イベントでラズウェル細木、清野とおるらが大宴会
[13:58 5/1] ホビー
和田アキ子、ベッキー復帰歓迎「いろんな話を聞きたい」
[13:47 5/1] エンタメ

特別企画 PR