「iTunes 10.5.1」リリース、米国でiTunes Match開始

 

米Appleは11月14日(現地時間)、「iTunes 10.5.1」をリリースした。iCloudのiTunes向けプレミアサービス「iTunes Match」をサポートしており、米国で同日から同サービスの提供が始まった。料金は年間24.99ドル。

北米、欧州、オーストラリアなどで提供されているiCloudのiTunes向けサービス「iTunes in the Cloud」を使うと、パソコンやiOSデバイスのiTunes Storeから購入した音楽を、同じApple IDで使用している他のパソコン/iOSデバイスでもダウンロードできる。新たに購入した曲を自動ダウンロードさせることも可能。

このiTunes in the CloudのメリットをiTunes Storeから購入した音楽以外にも広げるのがiTunes Matchだ。CDから取り込んだ音楽やiTunes以外のオンライン音楽ストアから購入した音楽もiCloudから利用できるようにする。既存の音楽クラウドロッカーサービスの多くではパソコンからクラウドに全ての音楽をアップロードする必要があるが、iTunes MatchはiTunesの音楽ライブラリをスキャンし、iTunes Storeのデータベースと照らし合わせて登録するのみ。同ストアの2,000万曲以上に含まれていない曲のみをアップロードするため、短時間でパソコンの音楽ライブラリとクラウドを同期できる。

iTunes 10.5.1にアップデートするとメニューのストア欄に「iTunes Match」が現れる

契約すると、自動的にiTunesライブラリのスキャンが始まる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

想像を超える風景! 北海道「ファーム富田」のラベンダーにまた会いたくなる
[10:00 7/28] 趣味
2016年夏ドラマ、傾向分析&オススメ5作発表! - リオ五輪を控える「逆境の夏」にイチかバチかの大勝負
[10:00 7/28] エンタメ
H-IIBロケット6号機がプレス公開 - 交換用バッテリ等を宇宙ステーションへ運ぶ
[10:00 7/28] テクノロジー
ワイヤレスキーボードから入力内容を窃取、75m先からも可能
[09:53 7/28] 企業IT
ジョージ・ハリスンの未発表曲がリリースへ
[09:48 7/28] エンタメ