「iTunes 10.5.1」リリース、米国でiTunes Match開始

 

米Appleは11月14日(現地時間)、「iTunes 10.5.1」をリリースした。iCloudのiTunes向けプレミアサービス「iTunes Match」をサポートしており、米国で同日から同サービスの提供が始まった。料金は年間24.99ドル。

北米、欧州、オーストラリアなどで提供されているiCloudのiTunes向けサービス「iTunes in the Cloud」を使うと、パソコンやiOSデバイスのiTunes Storeから購入した音楽を、同じApple IDで使用している他のパソコン/iOSデバイスでもダウンロードできる。新たに購入した曲を自動ダウンロードさせることも可能。

このiTunes in the CloudのメリットをiTunes Storeから購入した音楽以外にも広げるのがiTunes Matchだ。CDから取り込んだ音楽やiTunes以外のオンライン音楽ストアから購入した音楽もiCloudから利用できるようにする。既存の音楽クラウドロッカーサービスの多くではパソコンからクラウドに全ての音楽をアップロードする必要があるが、iTunes MatchはiTunesの音楽ライブラリをスキャンし、iTunes Storeのデータベースと照らし合わせて登録するのみ。同ストアの2,000万曲以上に含まれていない曲のみをアップロードするため、短時間でパソコンの音楽ライブラリとクラウドを同期できる。

iTunes 10.5.1にアップデートするとメニューのストア欄に「iTunes Match」が現れる

契約すると、自動的にiTunesライブラリのスキャンが始まる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT