「iTunes 10.5.1」リリース、米国でiTunes Match開始

 

米Appleは11月14日(現地時間)、「iTunes 10.5.1」をリリースした。iCloudのiTunes向けプレミアサービス「iTunes Match」をサポートしており、米国で同日から同サービスの提供が始まった。料金は年間24.99ドル。

北米、欧州、オーストラリアなどで提供されているiCloudのiTunes向けサービス「iTunes in the Cloud」を使うと、パソコンやiOSデバイスのiTunes Storeから購入した音楽を、同じApple IDで使用している他のパソコン/iOSデバイスでもダウンロードできる。新たに購入した曲を自動ダウンロードさせることも可能。

このiTunes in the CloudのメリットをiTunes Storeから購入した音楽以外にも広げるのがiTunes Matchだ。CDから取り込んだ音楽やiTunes以外のオンライン音楽ストアから購入した音楽もiCloudから利用できるようにする。既存の音楽クラウドロッカーサービスの多くではパソコンからクラウドに全ての音楽をアップロードする必要があるが、iTunes MatchはiTunesの音楽ライブラリをスキャンし、iTunes Storeのデータベースと照らし合わせて登録するのみ。同ストアの2,000万曲以上に含まれていない曲のみをアップロードするため、短時間でパソコンの音楽ライブラリとクラウドを同期できる。

iTunes 10.5.1にアップデートするとメニューのストア欄に「iTunes Match」が現れる

契約すると、自動的にiTunesライブラリのスキャンが始まる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

阪急電鉄「スヌーピー&フレンズ号」神戸線・宝塚線・京都線で装飾列車運行
[16:24 8/30] ホビー
中古品の購入に慎重になる価格帯は?
[16:24 8/30] マネー
「本業を通じた社会貢献を実感できる」企業、1位は?
[16:21 8/30] シゴト
東京モノレール「モバイルSuica」で乗ると最大1万円当たる共同キャンペーン
[16:16 8/30] ホビー
東京23区で平均世帯年収が最も高い小学校区はどこ?
[16:16 8/30] マネー