日本のスマホユーザーは平均45個のアプリをインストール - グーグル調査

グーグルは27日、IPSOS、モバイルマーケティング協会(MMA)と協力し、スマートフォンに関する行動・意識調査の結果を発表した。同調査は、世界30カ国、30,000人のスマートフォンユーザーを対象に実施したもので、スマートフォンの普及率、利用状況・シーン、使用用途、オンラインコマース(情報収集と購入行動)、広告への反応の5つのカテゴリに分けられている。

調査の結果、日本のスマートフォンユーザーは以下のような特徴があるとしている。なお同調査の実施期間は2011年3月から同7月までで、日本における有効回答数は2,000サンプルとなっている。

  • 日本のスマートフォンユーザーがインストールしているアプリ数は平均45個で、調査対象の30カ国中で最多
  • 日本のスマートフォンユーザーで、毎日4回以上モバイルインターネットを利用していると答えた人は68%で、アジアで最も高い数字となった
  • 日本のスマートフォンユーザーの45%が、スマートフォンで商品を購入したことがあると回答、これはアメリカ、イギリス、ドイツの約2倍
  • 日本を含むすべての調査対象国のスマートフォンユーザーの3人に1人以上が、テレビとスマートフォンのどちらがひとつを選ぶなら、スマートフォンを選ぶと回答

なお、同調査の詳細は、スマートフォンの利用状況に関する分析情報を提供する同社のサービス「Our Mobile Planet」で閲覧可能。Our Mobile Planetでは、調査項目や対象の国を自由に設定し、インタラクティブに調査結果を表示することが可能なほか、性別や年齢層別などで結果を表示しなおすことができる。調査結果はPNG形式の画像、CSV、エクセルデータでダウンロードすることも可能。

Our Mobile Planetで閲覧できる今回の調査結果

(提供:AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事