「Chrome 15」安定版リリース、アプリのセクション分けが可能に

 

米Googleは10月25日 (現地時間)、Webブラウザ「Chrome 15」の安定版(Windows/Mac/Linux/Chrome Frame)をリリースした。「新しいタブページ」が刷新され、Chrome Webアプリケーションの置き場所をセクション分けできるようになった。また18件の脆弱性が修正された。

Chrome 15の新しいタブページでは、タブページ内にセクションを作り、セクションを切り換えながらChrome Webアプリや頻繁に利用するWebページにアクセスする。標準状態のセクションは「アプリケーション」と「よくアクセスするページ」の2つ。画面下に配置されたバーにセクションのラベルボタンが並んでおり、余白部分にアプリのアイコンをドロップすることで新しいセクションを追加できる。既存の別のセクションにドロップすると、アプリがそのセクションに移動する。ラベルボタンをダブルクリックするとラベル名の変更が可能。セクション間は、ラベルボタン、またはページ横の矢印をクリックして移動する。スワイプを用いられる場合は、スワイプでの移動も可能だ。

アプリのアイコンを画面下のバーにドロップして新しいセクションを作成、またはアプリを別のセクションに移動させる

セクション分けによって、新しいタブページのメイン画面にはアプリのアイコンのみ、またはよくアクセスするページのサムネイルのみが並ぶ形になる。以前のようにアプリのアイコンをドラッグ&ドロップで並べ換えて整理するだけでなく、「プロダクティビティ」「ユーティリティ」というようにアプリの種類ごとにセクションを設けてアプリを管理できるため、従来よりも目的のアプリなどを見つけやすくなった。また、アプリのアイコンやよくアクセスするページのサムネイルをページ下部分にドラッグすると、画面下バーの右端にゴミ箱が現れ、ゴミ箱へのドロップでも削除できるようになった。よりパソコンのデスクトップに近い感覚でWebアプリを管理できる。

Chrome WebアプリケーションやChrome用の拡張機能をChromeユーザーが入手する場であるChrome Web Storeのデザインも改良された。アプリケーションや拡張機能がイメージタイルで並び、ユーザーはスクロールしながらすばやくストアの各セクションに並ぶ数多くのアプリ/拡張機能をチェックできる。タイル上でカーソルをホバリングさせると、概要/レーティング/追加ボタンのタイルが現れ、各アプリ/拡張機能のページに移動することなくタイルから直接Chromeに追加できる。

アプリ/拡張機能がイメージタイルで並ぶChrome Web Store

Chrome 15での脆弱性の修正は18件で、Chrome 14リリース時の32件よりも少ないが、レーティングが「High」のものが11件含まれる。そのためバグ報告プログラムの協力者に支払った金額が26,511ドルと過去最高に達した。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

HPE、ミッションクリティカル用x86サーバ「Superdome X」の新製品
[11:08 8/31] 企業IT
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期ワールドプレミア上映会開催決定
[11:00 8/31] ホビー
櫻井VS有吉『ゼウス』第3弾放送決定! ジャニーズ軍に新たに3グループ参戦
[11:00 8/31] エンタメ
俳優・松岡広大が語る"役者としての自分" - 同世代が多いからこそ刺激を受ける
[11:00 8/31] エンタメ
ゴミ収集車による環境データ収集する慶應大×藤沢市の取り組み
[11:00 8/31] 企業IT