大日本印刷、地デジ付自販機で情報配信する実証実験

ニュース
トップ

大日本印刷、地デジ付自販機で情報配信する実証実験

  [2011/10/18]

大日本印刷(DNP)は、地デジとインターネット回線を併用して、飲料用自動販売機に搭載したデジタルサイネージから緊急情報を配信する実証実験を開始すると発表した。実験は、2011年10月25日~2012年2月29日まで、産業技術大学院大学(東京都品川区)にて実施する。

これは、DNPとダイドードリンコ、日本テレビが共同で開発した地デジとインターネットの双方に対応したデジタルサイネージ一体型飲料自販機を利用し、この機器と情報配信システムの本格運用に向けた実証的な確認を行うもの。

デジタルサイネージ一体型飲料自販機

災害発生時に、デジタルサイネージからテレビやラジオなどが提供する緊急ニュースを提供できれば、外出中の生活者を安全に誘導することもできるが、自然災害や大規模なシステム障害などが発生した場合、電力の供給停止やインターネット回線の遮断などにより、デジタルサイネージに適切な災害情報配信を速やかに提供できなくなる懸念がある。また、災害用に新たに屋外に多数のデジタルサイネージを設置し、維持・運営するためのコストは膨大で、電力供給の停止などの状況を想定した場合、既存のデジタルサイネージのシステムでは対応が困難だという。

そこで今回、DNP、ダイドードリンコ、日本テレビの3社は、すでに屋内外に多数設置されている飲料自販機に着目し、非常時には緊急情報を発信するデジタルサイネージとして活用することとした。

一部の飲料自販機には非常用バッテリが搭載されており、停電時でも一定時間運転を継続でき、人通りの多い場所に設置される自販機に、地上デジタル用アンテナと情報表示用ディスプレイを設置することにより、機器の投資負担を軽減できるメリットがあるという。

実験が行われる産業技術大学院大学では、 地デジコンテンツとして、ニュース、天気予報、各種注意報・警報、地震速報、津波速報、電車運行情報、インターネットコンテンツとして、大学内情報、ダイドードリンコの商品広告など提供する。

今回の実験では、レーザーセンサーで、当機器設置前後における利用者の動線を調査。情報配信時と配信していない時のそれぞれの利用者の滞留時間や飲料の売上状況の変化などを検証するほか、注目度が高い、または低いコンテンツの調査、長時間連続稼動時の安定性や、停電を想定して電源をバッテリに切り替えた際の稼動状況などを検証する。

関連したタグ


ITセミナー

一覧

関連記事

関連サイト

新着記事

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    [アイドリング!!!菊地亜美]卒業後、初仕事へ バカリズムの直オファーでライブ後「ANN」
    [21:59 11/24] エンタメ
    [アイドリング!!!菊地亜美]涙で卒業 「見なくなったと思われないよう頑張る」
    [21:48 11/24] エンタメ
    テニミュ2ndシーズンのキャストが卒業!最大規模のドリライで終幕
    [21:35 11/24] ホビー
    [アイドリング!!!菊地亜美]ライバルはこじるり 卒業後「ソロデビューはない」
    [21:30 11/24] エンタメ
    ブラインドサッカー世界選手権、ブラジルが2連覇達成/大会最終日
    [21:29 11/24] ライフ

    特別企画

    一覧

      求人情報