富士通、スループット最大毎秒1TBの分散ファイルシステムを発表

ニュース
トップ

富士通、スループット最大毎秒1TBの分散ファイルシステムを発表

  [2011/10/18]

富士通は10月17日、PCクラスタのファイルシステムを構築するスケーラブルファイルシステムソフトウェア「FEFS(Fujitsu Exabyte File System)」を開発し、販売を開始したと発表した。

同製品は、計算ノードからの大量データの読み込み・書き込みの高速並列分散処理を可能にするソフトウェアで、オープンソースソフトウェア「Lustre」をベースに、独自機能が加えられている。

計算ノードとファイルシステム間の総スループット値は最大1秒当たり1TBを実現し、ストレージ1万台規模のシステム構築が可能なほか、Lustreの約1~3倍に当たる1秒間に数万個のファイル生成が可能なメタデータを操作できる性能となっている。

データ容量の要件に合わせて、ファイルシステムを最大8エクサバイトまで拡張可能で、計算ノード数十台規模のシステムでは価格性能比に優れたファイルシステムとして利用でき、最大で100万台規模のPCクラスタまで利用可能。

同製品の最小構成は、PCサーバ「PRIMERGY RX300 S6」4台(InfiniBand接続)、ストレージ「ETERNUS DX80 S2」3台、「FEFS」のライセンスで、価格は2,143万円からとなっている。

PCサーバ「PRIMERGY RX300 S6」

関連したタグ


ITセミナー

一覧

注目特集

関連記事

関連サイト

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東芝製Bluetooth制御ソフトに特権昇格の脆弱性、dynabookなどに初期搭載
    [13:01 2/27] パソコン
    DNP、O2O販促アプリ構築・運用サービスのライトプランを4月より発売
    [13:00 2/27] マーケティング
    【レビュー】かわいすぎて食べられないけど、 ぶたとことりのむーすけーきを食べてみた
    [12:52 2/27] ライフ
    FFRI、JBSの運用監視センターにおけるセキュリティ対策サービスで協業へ
    [12:45 2/27] エンタープライズ
    FreeBSD 11のリリーススケジュールが発表
    [12:43 2/27] 開発・SE

    特別企画

    一覧

      求人情報