富士通、スループット最大毎秒1TBの分散ファイルシステムを発表

富士通は10月17日、PCクラスタのファイルシステムを構築するスケーラブルファイルシステムソフトウェア「FEFS(Fujitsu Exabyte File System)」を開発し、販売を開始したと発表した。

同製品は、計算ノードからの大量データの読み込み・書き込みの高速並列分散処理を可能にするソフトウェアで、オープンソースソフトウェア「Lustre」をベースに、独自機能が加えられている。

計算ノードとファイルシステム間の総スループット値は最大1秒当たり1TBを実現し、ストレージ1万台規模のシステム構築が可能なほか、Lustreの約1~3倍に当たる1秒間に数万個のファイル生成が可能なメタデータを操作できる性能となっている。

データ容量の要件に合わせて、ファイルシステムを最大8エクサバイトまで拡張可能で、計算ノード数十台規模のシステムでは価格性能比に優れたファイルシステムとして利用でき、最大で100万台規模のPCクラスタまで利用可能。

同製品の最小構成は、PCサーバ「PRIMERGY RX300 S6」4台(InfiniBand接続)、ストレージ「ETERNUS DX80 S2」3台、「FEFS」のライセンスで、価格は2,143万円からとなっている。

PCサーバ「PRIMERGY RX300 S6」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事