PostgreSQL開発者がススメる新バージョン適用の指針

後藤大地  [2011/10/14]

PostgreSQL - The world's most advanced open sorce database

データベースを新しいバージョンへアップグレードするかどうかというのは難しい判断が必要となる事項のひとつだ。どういったバージョンへアップグレードすべきか、PostgreSQLの例が開発者によって紹介されている。

説明によれば、PostgreSQLのバージョン形式は「X.Y.Z」(XYZそれぞれに数字が入る)の3数形式になっている。「X.Y」はメジャーバージョンを表現し、「Z」がマイナーバージョンを表現している。メジャーバージョンのアップグレードは新機能の追加を伴うため、データベースファイルの更新が必要になるケースとなる。逆にマイナーアップデートはバグ修正やセキュリティ修正のみに制限されており、新機能の追加はない。簡単にアップグレードできるように熟慮されているという。

つまり、一旦データベースシステムを構築したら、採用したメジャーバージョンの最新のマイナーリリースへアップグレードすれば良いということになる。PostgreSQL 8.4.2でバグに遭遇したのであれば、PostgreSQL 9.1.1へアップグレードするのではなく、PostgreSQL 8.4.9へアップグレードすれば良いということになる。

関連したタグ


特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松本人志、マスコミの尾行増え「普通のおっさんに戻りたくなる」と吐露
[12:39 2/14] エンタメ
ソードを挿して合体完成、『ジュウオウジャー』新合体ロボ「DXジュウオウキング」登場
[12:39 2/14] ホビー
橋本マナミ、ゲス川谷を批判「許せない」「ベッキーさんはいい方」
[12:26 2/14] エンタメ
ドルト相手の惜敗を悔やむハノーファー酒井「欲を言えば勝てた試合」
[12:17 2/14] ライフ
「球春到来」はこの曲を聞いて感じろ! 野球をテーマにした往年の名曲たち
[12:00 2/14] ライフ

特別企画 PR