PFU、ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1500/同M」の付属ソフトを大幅強化

 

PFUは12日、ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1500/S1500M」の付属ソフトを大幅に強化した新モデルを発表した。Windowsモデルには「Adobe Acrobat X Standard」、Macモデルには「Adobe Acrobat 9 Pro」が付属。10月21日より発売し、価格はオープン。直販サイト「PFUダイレクト」の価格は、WindowsモデルのScanSnap S1500(FI-S1500-A)、MacモデルのScanSnap S1500M(FI-S1500M-A)ともに49,800円。

ScanSnap S1500
(FI-S1500-A)

ScanSnap S1500M
(FI-S1500M-A)

新モデルでは、iPhone/iPadとの連携を実現したほか、各種クラウドサービスとの連携を強化。ScanSnap S1500/S1500Mのハードウェア自体は、従来モデルと同じもの。

iPhone/iPad用のアプリ「ScanSnap Connect Application」を無償で提供し、ScanSnap S1500でスキャンしたデータをiPhone/iPadに直接保存できる。なお、ScanSnap S1500/S1500Mはネットワークインタフェースを搭載していないため、ScanSnap S1500/S1500Mを接続するPCが必要。

iPhone/iPad用のアプリ「ScanSnap Connect Application」。写真左がiPadの画面、写真右がiPhoneの画面

クラウドサービスとの連携強化は、スキャンソフトのクイックメニューに各種クラウドサービスとの連携アイコンを追加。自分が利用しているクラウドサービス、目的のクラウドサービスへと、スキャンしたデータをすばやくアップロードできる。対応する主なクラウドサービスは、Evernote、SugarSync、Googleドキュメント、Salesforce Chatter、Salesforce CRM。

また、Windows版のソフトウェアとMac OS版のソフトウェアを、1枚のDVDに収録したハイブリッドDVDで提供。これにより、WindowsモデルのScanSnap S1500と、MacモデルのScanSnap S1500Mの違いは、実質的に本体カラーだけとなった。

同時に、文書管理ソフト「楽2 ライブラリ パーソナル V5.0」も機能を強化。iPhone/iPad連携、各種クラウドサービスとの連携強化を図ったほか、「写真アルバム」を作成する機能が加わった。従来と同じく、楽2 ライブラリ パーソナル V5.0とScanSnap S1500のセットモデル(FI-S1500-SRA)も用意され、直販価格は54,800円。

既存ユーザーにもアップデートを提供

ScanSnap S1500/S1500M/S1300/S1100の既存ユーザー、および楽2 ライブラリ パーソナル V5.0の既存ユーザーに対して、今回の機能強化に相当するアップデートプログラムを、PFUのWebサイトで無償提供する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『幼女戦記』、特報PVを公開! キャラクター設定画第1弾を紹介
[04:00 10/1] ホビー
三吉彩花、初写真集で水着姿も披露「これまで見せたことのない素顔」
[04:00 10/1] エンタメ
『クラッシャージョウ』、Blu-ray BOX発売決定! 公式サイトオープン
[02:50 10/1] ホビー
TVアニメ『デジモンユニバース』、10/1放送開始! 第1話の場面カットを公開
[02:27 10/1] ホビー
TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー