米Apple、「iPhone 4S」を発表 - 日本におけるKDDIからの販売にも言及

 

米Appleは10月4日(現地時間)に開催されたイベントの中で、iPhoneの最新モデルとなる「iPhone 4S」を発表した。外観はiPhone 4を引き継いでいるが大幅な機能強化が行われており、単体でGSMAとCDMAの2つの通信方式に対応する。カラーはブラックとホワイトの2色。10月7日予約受付開始、10月14日発売となる。日本での取り扱いについては、KDDIからの販売があることが言及された。

iPhone 4S

iPhone 4Sは、外観こそiPhone 4と変わらないものの、デュアルコアA5チップの搭載で、2倍のCPUパワー、7倍のグラフィックパフォーマンスをを実現。さらに8時間の3G通話が可能とバッテリ性能も強化した。また、アンテナの改善により、従来の2倍の14.4Mbpsのダウンロード速度を実現(HSDPA時)。CDMAとGSMに両対応することにより、世界中でGSMネットワークによるローミングを利用できるという。プラットフォームはiOS 5。

iOS 5の搭載により、撮影写真のトリミングやリマインダーなどの新機能を利用できる

カメラ機能も大幅に強化されており、8メガピクセルカメラを搭載。従来機にくらべ、ピクセル数で60%増しとなっている。レンズもf/2.4に大型化し、より精細で明るい撮影を可能にするハイブリッドIRフィルタを搭載。デュアルコアA5チップに内蔵されたイメージングプロセッサとiOS 5によりスピードも改善され、iPhone 4Sのカメラアプリは起動が高速化し連続撮影スピードも2倍に向上した。また動画撮影は1080pに対応し、撮影時に手ブレ補正機能を利用できる。感度も向上しており、暗所での撮影にも対応できるようになった。

カメラ機能が強化され、動画撮影では1080pに対応した

販売開始は10月14日で、この時点では日本のほか米国、オーストラリア、カナダ、イギリス、フランス、ドイツで発売となる。予約は10月7日より受け付ける。10月末までには、上記のほか22カ国で発売となる。

米国における価格は16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル、64GBモデルが399ドルと発表されているが(いずれも別途新規2年契約の場合)、日本における価格については言及されていない。

■2011年10月4日米Appleイベント「Let's talk iPhone」関連記事
【レポート】Apple特別イベント - 手堅いiPhone新ラインナップ、狙いはスマホの先の15億台市場
【レポート】外観は同じでも、確かに速い&確かにきれい! - 写真で見る「iPhone 4S」

米Apple、「iPhone 4S」を発表 - 日本におけるKDDIからの販売にも言及
アップル、iOS 5とiCloudを10月12日より提供開始
アップル、iOS 5搭載「iPod touch」をブラック/ホワイト2色で発売
アップル、新型「iPod nano」発表 - Nike+内蔵、UIリニューアル

人気記事

一覧

新着記事

iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電
東京都、都立公園18カ所で無料Wi-Fiを提供 - 9月から
[16:19 8/25] マネー