at+link、セルフマネージド専用サーバ・サービスを安価に提供

  [2011/09/21]

リンクとエーティーワークスが共同で展開しているサーバサービス「at+link」は9月21日、専用サーバの安価なパッケージ「at+link ユニットサーバサービス」を9月29日から提供すると発表した。

既存の「at+link 専用サーバサービス」が、サーバ管理者に代わって24時間365日障害時の対応や作業代行等のサポートを行うフルマネージドサービスであるのに対し、新サービスは、必要に応じたサポートの提供、サービススペック(サーバスペック・台数・回線)の固定することで低コストを実現したセルフマネージドサービスとなっている。

新サービスでは、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)を搭載するサーバを提供することで、ユーザーが遠隔から専用のコントロールパネルに接続し、サーバの電源再投入やネットワークの設定などをダイレクトに行うことが可能。

プラン(ラックサイズ)は「S3」「M5」「L10」の3種類で、それぞれ最大3台、5台、10台のサーバに対応する。

サーバはCore 2 Duo搭載マシンかCore i7 搭載マシンのいずれかを選択でき、今後、Xeon搭載マシンの提供も予定されている。

at+link ユニットサーバサービスの料金



特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】なぜ文人達は「山の上ホテル」を愛したのか、部屋・グルメ・サービスに迫る
[10:17 5/2] 趣味
【連載】いつでもどこからでもアクセス! ファイル共有の極意 第12回 大容量ファイルを送るだけならユーザー登録なしで手軽なサービス群(2)
[10:13 5/2] 企業IT
海外勤務に積極的な日本人は3割 - 世界では?
[10:00 5/2] マネー
【特別企画】ED治療の診察は恥ずかしくない!? - 受付から処方までを解説
[10:00 5/2] ヘルスケア
【レポート】洗面室で化粧をしてはいけない理由とは
[09:47 5/2] ライフスタイル

特別企画 PR