Scientific Linux 5.7登場 - CentOSより1日遅れ

Scientific Linux is basically Enterprise Linux, recompiled from source.

Scientific Linux開発チームは9月14日(米国時間)、Red Hat Enterprise Linux 5.7に対応したディストリビューション「Scientific Linux 5.7」を公開した。Scientific Linuxはフェルミ国立加速器研究所および欧州原子核研究機構らが開発しているLinuxディストリビューション。i386版とx86_64版が提供されている。

Scientific Linux開発チームはRHEL 5.7が公開されてから17日後に最初のα版を公開した。前回と同じリリースエンジニアリングが実施された場合には2011年10月中にリリースされるのではないかとみられていたが、見通しよりも早くリリースされたことになる。

この1年近く開発が停滞気味だったCentOSだが、Scientific Linuxより1日早い9月13日(米国時間)には「CentOS 5.7」を公開している。今回はCentOSとScientific Linuxのリリース日がほぼ同じという結果になった。RHELの代替えディストリビューションはプロダクションユースで活用されるケースが多く、RHELのリリースに合わせて定期的にリリースされるかどうかが大きく注目されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事