HP、Auto-Off/Auto-On搭載のレーザー5機種とビジネスインクジェット

 

米HPは9月8日、アジア・パシフィック地域のプレス向けイベント「INNOVATION IMPACT HP」を上海で開催。その中で同社最小のePrint対応小型複合機「HP LaserJet Pro 100 color MFP M175nw」など、レーザープリンタ(LaserJetシリーズ)5機種とビジネスインクジェットプリンタ2機種を発表した。いずれも、日本での展開は現在未定。

今回のLaserJetシリーズには、 Auto-Off/Auto-On機能を搭載。印刷が行われない場合時間指定で自動的にスリープモードに移行するほか、勤務時間に合わせ、時刻指定でスリープモードへの移行/復帰を指定できるようになっている。HPによれば、プリンタの電力使用量の66%は、夜間および週末に消費されているという。HP LaserJet Enterprize 500 color M551シリーズでは、スリープ時の電力使用量は0.3~0.4Wで、きめ細かなスリープモードへの移行で電力使用量を削減できるとしている。スリープモードへの移行時間は、10~60分の間で指定できるという。

「HP LaserJet Enterprize 500 color M551シリーズ」のスリープ時の電力使用量

「HP LaserJet Pro 100 color MFP M175nw」

「ePrint Wireless Direct Printing」により、iPhoneでプリンタを自動的検出

HP LaserJet Pro 100 color MFP M175nwは、プリンタ、コピー、スキャン機能を搭載したePrint対応A4カラーレーザー複合機で、推定販売価格は349米ドル。印刷スピードは、モノクロが毎分17枚、カラーが毎分4枚だ。外形寸法はW17.4×D16.6×H13.3インチ(1インチは25.4mm)。有線/無線LANや「ePrint Wireless Direct Printing」機能を搭載し、スマートフォンにおいて、無線環境にあるプリンタを自動検出し、設定なしでスマートフォンのドキュメントや写真をプリントできる。

「HP LaserJet Pro 100 color MFP M175nw」

「HP LaserJet Enterprise 600 M601/M602/M603」

HP LaserJet Enterprise 600 M601/M602/M603は、単機能のA4モノクロレーザープリンタ。印刷スピードは、M601が毎分43枚、M602が毎分50枚、M603が毎分60枚。いずれも、解像度は1,200×1,200dpi、4行のカラーLCDディスプレイを搭載(M602/M603は10キーキーパッド付)し、インタフェースはUSB 2.0のほか、ギガビットLANを搭載(IPv6対応)。標準給紙容量は100枚+500枚で、USBメモリからのダイレクトプリントに対応する。

「HP LaserJet Enterprise 600 M601」

「HP LaserJet Enterprise 600 M603」(オプショントレイ装着)

また、M602とM603は、プリントジョブを暗号化し、PINコードを入力しないとプリントアウトできないセキュリティ機能を搭載する。

印刷時にPINコードを設定

プリンタの画面でPINコードを入力して出力

3機種は11月から販売され、推定販売価格はM601が699米ドル、M602が899米ドル、M603が1399米ドル。

「HP LaserJet Enterprise 500 COLOUR M551」

HP LaserJet Enterprise 500 COLOUR M551は、単機能のA4カラーレーザープリンタ。印刷スピードは毎分32枚で、解像度は1,200×1,200dpi。4行のカラーディスプレイを搭載し、Help、Menu、OK、Stop、Back、Down、Upの7ボタンもある。インタフェースはUSB 2.0のほか、ギガビットLANを搭載、標準給紙容量は100枚+500枚。推定販売価格は649米ル。

「HP LaserJet Enterprise 500 COLOUR M551」

ビジネスインクジェット「HP Officejet Pro」

ビジネス向けのインクジェットプリンタでは、複合機の「HP Officejet Pro 8600 Plus e-All-in-One」と単機能機の「HP Officejet Pro 8100 ePrinter」を発表。HP ePrintに対応し、両面印刷機能を搭載。マーカーによる汚れを防ぐ新インクを採用する。また、HP Officejet Pro 8600は、Auto-Off/Auto-On機能やスキャン画像のゆがみを自動補正機能を搭載する。

そのほか、ドライバは必要なくPlug&Playで認識し、Windows ServerのクラスタやCitrixのサーバにも対応するという。

推定販売価格は、HP Officejet Pro 8600が299米ドル、HP Officejet Pro 8100が149米ドル。

「HP Officejet Pro 8600 Plus e-All-in-One」

HP Officejet Pro 8100 ePrinter」

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ

求人情報