常盤薬品と阪大、コラーゲンドリンクの継続飲用による美容への有効性を実証

ニュース
トップ

常盤薬品と阪大、コラーゲンドリンクの継続飲用による美容への有効性を実証

  [2011/09/09]

常盤薬品工業は、大阪大学美容医療学寄附講座の高田章好教授と共同で、低分子コラーゲンを配合した美容ドリンクを開発、ヒトにおける有効性を評価した結果、皮膚粘弾性の改善やシワの本数の減少など、美容に有用であることを確認した。 同成果の詳細は、2011年9月10日、11日に開催される第29回日本美容皮膚科学会にて発表される。

近年、アミノ酸の機能性が注目され、ヒドロキシプロリンの表皮細胞や線維芽細胞の増殖促進作用などが報告されている。また、加齢とともに血中ヒドロキシプロリン量が減少するとの報告もある。

コラーゲンは、ヒドロキシプロリンを多く含み、加齢に伴う皮膚機能低下を改善する食品として期待されている。従来、コラーゲンを経口摂取しても効果が無いとされてきたが、近年、低分子化することで体内の吸収率が増加することが報告され、特に飲用後血中のヒドロキシプロリンが増加することから皮膚の機能改善など美容効果に寄与していると考えられるようになってきた。しかし、長期飲用による美容効果に関する報告はこれまで無かった。

今回の共同研究では、低分子コラーゲンペプチドを5000mg配合したドリンクを試作し、2010年9月中旬~11月中旬までの約2カ月の間、20名(平均45.7歳)の被験者を対象に1日1本就寝前に摂取してもらい、血液採取によるアミノ酸分析と、皮膚計測による(皮膚粘弾性測定・VISIA-Evolutionを用いた画像解析)を実施した。

血漿中のヒドロキシプロリン分析結果。2カ月継続飲用した後、測定日前日就寝前に飲用。翌朝絶食し、午前中に血液採取してアミノ酸分析を実施したところ、ヒドロキシプロリンが増加していることが明らかとなった(常盤薬品工業 調べ)

その結果、2カ月間摂取を続けると、試験前に比べ血漿中のヒドロキシプロリン量は7.5倍に有意に増加し、皮膚粘弾性測定の結果、R0(総伸び)・R7(ハリスコア:初期戻り)などの値が有意に改善したことが確認されたという。また、VISIA-Evolutionを用いた画像解析の結果、シワ本数が有意に減少する結果を確認した。

左が試験前後でキュートメーターを用いて皮膚粘弾性を評価した結果。皮膚のハリを示す初期戻り値(R7)が有意に改善したことが確認された。右がVISIA-Evolutionを用いた画像解析にて、顔面のシワ本数を計測した結果。2カ月後のシワ本数が有意に減少したことが確認された(常盤薬品工業 調べ)

このような皮膚症状の改善は、コラーゲンドリンクの継続的な飲用により遊離のヒドロキシプロリンが血液中にアミノ酸プールとして存在し、各組織に必要に応じて消費され皮膚機能改善に寄与しているものと考えられると研究グループでは説明している。

関連したタグ


ITセミナー

一覧

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    【連載】東京論――オリンピックで変貌する都市の風景 第10回 宇野常寛は2020年の東京を舞台に何を企むのか? 『PLANETS vol.9』の全貌
    [07:30 11/27] 住まい・インテリア
    電源方式を選べる電動消しゴム登場 - 充電式は1万7,000円
    [07:30 11/27] キャリア
    東京都文京区のホテルで北の味覚が食べ放題の「北海道フェア」延長決定
    [07:30 11/27] ライフ
    東京都・多摩地域の公園で歴史に触れる「古道探索ウォーク」全4回開催
    [07:30 11/27] 旅行
    ポーラ化成、メロンの抽出物にシミの発生を抑制する効果を確認
    [07:30 11/27] テクノロジー

    特別企画

    一覧