スマホの通信速度、首都圏・地方主要都市ともにauが首位

MMD研究所は9月5日、8月22日~29日にかけて全国主要都市(計18ヵ所)で実施した「スマートフォン3G回線に関する地域別実測比較調査」の結果を発表した。

調査地域は、東京、札幌、仙台、石川、名古屋、大阪、高松、広島、福岡の18ヵ所で、調査に使われたスマートフォンは、NTTドコモは「GALAXY S SC-02B」、ソフトバンクは「iPhone4」、auは「AQUOS PHONE IS11SH」と「htc EVO WiMAX ISW11HT」。調査方法は、平日14:00~18:00の時間帯に同条件下で各3回計測して最速値を記録するというもの。

首都圏主要スポット、地方の主要都市においてほぼau(AQUOS PHONE IS11SH)の3G回線が最もスピードが速いという結果となった。

参考調査として、WiMAX回線に接続可能なhtc EVO WiMAX ISW11HTを実測比較調査を実施したところ、平均してダウンロードで5,000~6,000kbps、アップロードで1,500~2,000kbpsの速度が計測された。関西地区では下りの速度が、14,112kbps(梅田駅)、16,182kbps(なんば周辺)と同地区の3G回線と比べると約5倍程度の速度が計測された。

首都圏・北海道・東北・北陸における3G回線速度調査結果 資料:MMD研究所

中部・関西・四国・中国・九州における3G回線速度調査結果 資料:MMD研究所



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事