Javaの父James Gosling氏、もっと面白いことを見つけたとGoogle退社

Javaの父James Gosling氏、もっと面白いことを見つけたとGoogle退社

後藤大地  [2011/08/31]

Google Web Search

Javaの生みの親である「James Gosling氏」が、今年の3月に入社したGoogleを退職して別の会社に就職したことを「I've moved again : On a New Road」で告白している。Gosling氏がGoogleへの入社を発表したのは3月28日(米国時間)であることを考えると、Gosling氏のGoogleにおける就業期間は半年もなかったことになる。

報告によると現在Gosling氏は「Liquid Robotics」という設立されたばかりの企業でチーフソフトウェアアーキテクトとして業務に従事しているという。Google在籍中にこの魅力的な事業の関係者に出会ってしまったことが、Gosling氏をGoogleから退職させる原因になってしまったようだ。

Liquid Roboticsは海上の各種データを集収しながら自立走行するロボットを開発している。推進力の源泉となるエネルギーは波から確保することが可能で、最長で2年半の自立走行が可能だと説明がある。一箇所にとどまり続けることも、(1から2ノットと低速ではあるが)移動し続けることも可能。

Gosling氏はLiquid Roboticsにおいて、デバイスに搭載するソフトウェア開発に関係するほか、データセンターの業務にも従事することになるという。あまりにも早すぎるGoogleからの退職は、Androidなどの開発を期待していた関係者には残念なものとなるが、この情熱こそがJavaを開発し普及させることに一役買っていたことは間違いのないところだ。Gosling氏の新しい取り組みに注目しておきたい。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[竹下景子]水谷豊と38年ぶり共演 「相棒」で右京の同級生役に
[05:00 2/10] エンタメ
[大泉洋]浅野忠信の司会ぶりに「ああはなるまい…」
[05:00 2/10] エンタメ
[大泉洋]北海道は保険? 東京での“気軽な12年間”が生んだ主演男優賞
[05:00 2/10] エンタメ
レアルとデ・ヘアの契約書がリーク…“幻の移籍”成立なら年俸は15億
[04:40 2/10] ライフ
【レポート】100円でここまでお洒落に♪ キャンドゥの商品で楽しむ"おうちバレンタイン"
[04:00 2/10] 住まい・インテリア

特別企画 PR