米Googleが米Motorola Mobilityを125億ドルで買収、Android事業テコ入れへ

 

米Googleは8月15日(現地時間)、米Motorola Mobility買収で合意したと発表した。買収はMotorola株1つあたり40ドルで、買収総額は125億ドルとなる。12日時点の同社株価に63%のプレミアムを乗せた提案となる。Motorola Mobilityは今年1月に分割が完了したMotorolaの携帯電話開発会社で、最近ではVerizon Wirelessの「DROID」シリーズや「Motorola XOOM」などの製品が知られている。

Googleによれば、今回の買収の背景には「Androidビジネスの大幅なテコ入れ」があるという。ただしAndroid事業そのものは現在のスタイルを踏襲した状態でオープンであり、Motorola MobilityはGoogleとは別事業体としての運営が行われ、引き続きAndroidライセンサーの1社に留まるとのことだ。これはGoogleがAndroidデバイス開発そのものに深く関わる一方で、引き続き現在のようなAndroidエコシステム拡大に寄与した、複数パートナーによるハードウェア製造スタイルを維持したいからだとみられる。またMotorola Mobilityが別事業として運営され、ライセンスを保持する1社という扱いを明確にすることで、パートナーに一定の配慮を見せた形となった。

両社による買収記者会見は日本時間で本日午後9時半(米東海岸時間(EDT)で15日午前8時半)より開催が予定されており、ここで買収に至った背景等の詳しい説明が行われるものとみられる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】そろそろ本気で…… - ビジネスマンにオススメの英会話教材「EX-word RISE」
[07:00 8/26] スマホとデジタル家電
2%物価目標の達成はいつか
[07:00 8/26] マネー
織田裕二、9年ぶりTBS連ドラ主演でIQ246天才貴族に! 土屋・ディーンらと共演
[06:35 8/26] エンタメ
ハーフモデル黒田エイミ、独自のお酒の楽しみ方を披露『アナザースカイ』
[06:00 8/26] エンタメ
二階堂和美、クリス・ハート、平原綾香らが“いのち”をテーマに熱唱
[06:00 8/26] エンタメ