リョービ、フォント事業をモリサワに譲渡 - リョービ書体はモリサワ製品に

モリサワは、リョービならびにリョービイマジクスより、フォント事業の譲渡を受けることで合意に達したと発表した。譲渡日は2011年10月1日としている。

同事業に関する資産はモリサワが譲渡を受け、10月1日より同社が新たな運営者としてサービスを提供する。今回の譲渡により、136書体(2011年8月現在)ものリョービ書体が、同社フォント製品のラインナップを拡充することとなる。

今後、リョービ書体は、モリサワもしくは同社子会社であるタイプバンクが製品化して提供する。提供の詳細については、決定次第発表されるとのこと。なお、すでにリョービフォント製品を購入したユーザーへのサポートについては、譲渡日よりモリサワもしくはタイプバンクが行うという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事