KOUZIRO、キーボード付10.1型タブレット - Windows 7/Androidモデルを用意

  [2011/07/19]

KOUZIROは、分離タイプのキーボード付10.1型タブレットPC「FT102」シリーズを発表した。独自の機構で単体タブレットとしてもキーボード付モバイルPCとしても運用できる。同様のハードウェアでWindows 7 Home Premium搭載モデルとAndroid 2.2搭載モデルをラインナップする点も特徴。出荷開始は7月末の予定。価格は直販価格で39,800円から。

「FT102」シリーズ

Windows(「FT102-32」)/Android(「FT102-16」)モデルともハードウェアはほぼ共通。タブレットPC本体とキーボード部は分離しているが、キーボードをドッキングして持ち歩くこともできるよう工夫されている。タブレットPC本体には、スタンドの機能を持つ角度を調整できるサイドアームが備えられており、キーボードと同時運用でノートPCライクに活用することもできる。なお、キーボードは充電式の無線ワイヤレス仕様だ。

キーボードはタブレットPC本体の底面にマグネットで装着可能

ディスプレイは10.1型のWSVGA(1,024×600ドット)タッチパネル液晶。タッチパネル方式は静電容量の2点マルチタッチ。通信機能はIEEE802.11b/g/nで、Bluethoothも搭載。CPUはIntel Atom N455(1.66Ghz)。ほかUSB 2.0×2、D-Sub、microSDスロット、加速度センサ、ステレオスピーカ、オーディオ入出力、130万画素Webカメラなど。バッテリ駆動時間は約3.5時間。本体サイズはW267.5×D166×H16.1mm(キーボード装着時W267.5×D166×H23.6mm)、重量は790g(キーボード装着時1070g)。

Windows 7 Home Premium搭載モデル(「FT102-32」)とAndroid 2.2搭載モデル(「FT102-16」)の主な違いはメモリとストレージ。Windows 7 Home Premium搭載モデルはメモリに2GB DDR3、ストレージに32GB SSDを内蔵。Android 2.2搭載モデルは同1GB DDR3、16GB SSDを内蔵している。

価格は直販価格で、Windows 7 Home Premium搭載モデルが59,800円、Android 2.2搭載モデルが39,800円。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ
東京と千葉の境、江戸川に浮かぶ謎の島へドライブに行ったら…
[14:00 5/29] エンタメ
明石家さんまの"落ち込まない思考法"「己を過信せず、今日が己の頂点」
[13:58 5/29] エンタメ
日本最大級のコスプレ専用スタジオに潜入『マツコ会議』
[13:40 5/29] エンタメ

特別企画 PR