電子書籍端末「GALAPAGOS」に更新ソフト、通常Android端末として利用可能に

 

シャープは、電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」向けのメディアタブレット「GALAPAGOS」のOSを、Android 2.3にアップデートするシステムソフトを7月25日から提供する。システムソフトのダウンロードは、無線LANによるインターネット接続環境が必要となる。

GALAPAGOS。左から、5.5型モバイルモデルの「EB-W51GJ-R」(レッド)、「EB-W51GJ-S」(シルバー)、10.8型ホームモデルの「EB-WX1GJ-B」(ブラック)

同システムソフトを導入することで、YouTubeや音楽再生などの標準搭載のGoogleアプリケーションやAndroid マーケットからダウンロードしたアプリケーションをGALAPAGOSで利用することができる。画面設定を切り替えれば、従来の電子ブックストアサービスを楽しむことも可能。液晶テレビAQUOSとの連携機能「AQUOSリモート」にも対応する。

なお、GALAPAGOSが非搭載となるカメラ、音声入力、GPS、Bluetooth関連のアプリケーション・機能は利用できない。また、専用アプリ「mixi for SH」「twit SH」、キーボードの手書き入力機能、省エネ動作モードなどGALAPAGOSの従来機能の一部が利用できなくなる。さらに、今回提供されるシステムソフトを適用すると、ユーザー自身で元のバージョンに戻すことはできない。

人気記事

一覧

新着記事

『ライオン・キング』実写化が決定! 監督はジョン・ファヴロー
[12:15 9/30] エンタメ
エプソンの最新スマートグラス「MOVERIO」を体験してきた - 映像が見るものから体験するものに変わる!
[12:08 9/30] スマホとデジタル家電
ブラピとアンジー、離婚申請前から家庭内別居していた
[12:03 9/30] エンタメ
椎名桔平、海外長編映画で孤高のヤクザ - 物語は任侠版『ラストサムライ』
[12:00 9/30] エンタメ
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第355回 三年間少しずつ
[12:00 9/30] 趣味