電子書籍端末「GALAPAGOS」に更新ソフト、通常Android端末として利用可能に

 

シャープは、電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」向けのメディアタブレット「GALAPAGOS」のOSを、Android 2.3にアップデートするシステムソフトを7月25日から提供する。システムソフトのダウンロードは、無線LANによるインターネット接続環境が必要となる。

GALAPAGOS。左から、5.5型モバイルモデルの「EB-W51GJ-R」(レッド)、「EB-W51GJ-S」(シルバー)、10.8型ホームモデルの「EB-WX1GJ-B」(ブラック)

同システムソフトを導入することで、YouTubeや音楽再生などの標準搭載のGoogleアプリケーションやAndroid マーケットからダウンロードしたアプリケーションをGALAPAGOSで利用することができる。画面設定を切り替えれば、従来の電子ブックストアサービスを楽しむことも可能。液晶テレビAQUOSとの連携機能「AQUOSリモート」にも対応する。

なお、GALAPAGOSが非搭載となるカメラ、音声入力、GPS、Bluetooth関連のアプリケーション・機能は利用できない。また、専用アプリ「mixi for SH」「twit SH」、キーボードの手書き入力機能、省エネ動作モードなどGALAPAGOSの従来機能の一部が利用できなくなる。さらに、今回提供されるシステムソフトを適用すると、ユーザー自身で元のバージョンに戻すことはできない。

人気記事

一覧

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン