カシオ「EXILIM」、フリースタイルなデジカメ「EX-TR100」の発売日を決定

カシオ計算機は4日、液晶モニターと本体フレームが回転するフリースタイルのデジタルカメラ「EXILIM EX-TR100」の発売日を7月22日に決定した。当初は4月の発売予定だったが、部品調達の都合などにより延期されていた。ブラックとホワイトのボディカラーが用意され、価格はオープン、店頭予想価格は3万5,000円前後。

EXILIM EX-TR100は可変フレームデザインを採用。本体を自立させた撮影や、液晶モニタを見ながらの自分撮りや自分&仲間撮りが可能

レンズ部を中心にフレームが360度回転するほか、液晶モニターも270度回転。自由な持ち方やスタイルで、写真や動画を撮影できる。動画撮影は1,920×1,080ドットのフルHDや、240fpsのハイスピードムービーに対応。

イメージセンサーは1,210万画素の裏面照射型CMOSセンサーで、新世代の映像エンジン「EXILIM ENGINE HS」を搭載する。35mm換算で21mmの広角レンズは、風景やスナップはもちろん、自分撮りや自分&仲間撮りでも広い範囲を写せるので便利。また、HDR(High Dynamic Range)技術により、ワンシャッターで芸術的な作品を創り出せる「HDRアート」機能も備える。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事