Google、FlashをSVG/JavaScriptに変換するツール「Swiffy」を発表

Swiffy converts Flash SWF files to HTML5

Googleは6月28日(米国時間)、FlashファイルをHTML5のデータへ変換するプロダクト「Swiffy」を発表した。SwiffyはFlashファイルであるSWFファイルをSVG、JSON、CSS3、JavaScript、HTML5などのデータへ変換し、Flashをサポートしてないブラウザでもコンテンツが見れるようにするWebサイト。なお、レンダリングはSVGをベースとしているため、ChromeやSafariなどSVGサポートが進んだブラウザが必要。

iPhoneやiPadはユーザ数を増やし続けているが、Flashに対応していないためそれらモバイルデバイスからはFlashベースのコンテンツを利用できないという問題がある。Swiffyはそうしたデバイスにおいてもコンテンツにアクセスできるようにすることを目指しており、まだ開発段階にあるもののGoogle SwiffyにおいてオンラインでFlashファイルをHTML5形式に変換することもできるようになっている。

Swiffyはもともとモバイルデバイスにおける広告方法を模索する取り組みが発端になっているという。Flashをサポートしていないモバイルデバイスにおいて、Flashアニメーションをどうやって表示させることができるか調査を実施し、その結果を反映した成果物の一つがSwiffyとなる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事