Oracle/Google訴訟、AndroidによるJava特許の損害賠償額は26億ドルと主張

米Oracleは6月28日(米国時間)、米Googleを相手取って起こしているJava特許訴訟で、Googleに要求する損害賠償額を26億ドルとする書類を提出した。

この訴訟は、Oracleが2010年8月にGoogleを提訴したことに端を発する。Oracleは、Androidの仮想マシン「Dalvik」が自分たちが所有するJavaの著作権と特許を侵害していると主張している。

6月16日、Oracleは損害賠償額を「数十億ドル」とする書類をカリフォルニア北部地区連邦裁判所に提出していた。今回の26億ドルは、28日に提出した書類で特定した。26億ドルという数字は、Oracleが依頼した米ボストン大学の経済学教授、Ian Cockburn氏の調査に基づくものとなる。

Oracleはまた、Googleが6月18日に提出した書類で、Cockburn教授の試算として「16億ドルから61億ドル」になるとしていたことに対しても攻撃し、「Googleは、Cockburn教授がOracleの受け取るべき損害賠償を14億ドルから61億ドルの間という結論に達したと不正に主張していた」とも記している。

Reutersなどによると、予審は早ければ11月に開かれる予定という。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事