フリービット、独自仮想化環境「SiLK VM」を開発 - DTIの新サービスで採用

 

フリービットは6月27日、独自のハイパーバイザ「SiLK VM」を開発したことを発表した。一般的な仮想化機能のみならず、同社のクラウド環境向けにカスタマイズした機能も搭載しており、高いコストパフォーマンスを実現するという。

SiLK VMは、2009年より提携しているBII(北京天地互連信息技術有限公司)と同社の合弁会社「FBII(北京天地互連飛比特網絡科技有限公司)」によって開発された。フリービットではこれまで、仮想データセンターサービスの拡充と並行して、コストパフォーマンスの向上を目的に独自ハイパーバイザの開発に着手。今回、SiLK VMとして完成させ、同社のデータセンターサービスへの適用を開始することをアナウンスした。

フリービットは併せて、SiLK VM採用サービスの第一弾として、同社子会社のドリーム・トレイン・インターネットにて「ServersMan@VPS Perfectプラン」をβ版サービスとして提供を開始したことも発表。同サービスは、フリービットの法人向け仮想データセンターサービス「フリービットクラウド VDC ENTERPRISE-FARM」の管理機能を個人や一般法人向けに最適化したサービスで、「日本初の"個人向け仮想データセンター環境"」を謳っており、HA構成、Firewall機能の搭載、複数仮想OSの管理、メモリ/CPUの随時追加、クローン作成、FreeBSDへの対応などの特徴を備える。価格は月額3130円だが、7月末までのキャンペーン期間は無料で提供される。

ServersMan@VPS Perfectプランの紹介サイト

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電