2011年1Q国内携帯電話市場、Android端末の出荷台数がiPhoneの3倍に

 

IDC Japanは6月9日、国内携帯電話市場の2011年第1四半期(2011年1月~3月)の出荷台数を発表した。これによると、同期の国内出荷台数は前年同期比1.6%増の866万台となり、国内携帯電話市場は前四半期に引き続き6四半期連続のプラス成長を記録した。

東日本大震災の影響はあったが、都市部を中心としたスマートフォンの需要が前四半期に引き続き好調で、NTTドコモを中心としたAndroid搭載の新モデルが積極的かつ連続的に市場投入されたことで、スマートフォンの出荷台数が大幅に拡大した。同四半期のスマートフォン出荷台数比率は44.9%にまで上昇しており、Android端末は約290万台の出荷台数を記録し、iPhoneの約3倍にまで拡大している。

ベンダー別シェアでは、スマートフォン市場で最大出荷数値を記録しているシャープが今回も首位を獲得。同社のシェアは23.0%となり、20四半期連続してトップの地位を維持している。第2位には、安定したドコモ向け端末出荷を維持し、かつスマートフォン市場においては「REGZA」端末が好調な富士通・東芝がシェア21.5%を獲得しており、首位シャープとの差を大きく縮めている。

同社は同四半期で注目すべきとして、アップルが国内携帯市場で初めて「トップ3入り」を果たしたことを挙げている(シェアは11.4%)。同社は供給する通信事業者をソフトバンク1社に限定、製品別でも「iPhone単独モデルの出荷(16GBモデル、32GBモデルの2機種のみ)」で、こうしたビジネス展開でトップ3入りを果たしたのは、2000年以降初めてのケースだという。

2011年第1四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア 資料:IDC Japan



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電

求人情報