NEC、匿名認証をクラウドで実現する技術を開発

NECは6月7日、セキュリティとプライバシー保護を両立する匿名認証をクラウド環境において利用するため、多数の認証を高速・低消費電力で処理可能とするサーバ向け回路方式を開発したと発表した。

デジタル署名は、本人を特定して認証を行うが、クラウド環境下では、「誰がいつどこで何をした」などの大量の個人情報がサーバに蓄積されるため、プライバシーの確保が課題となっている。

こうした背景を踏まえ、NECは暗号技術を用いて、個人を特定せずにグループへの所属のみを確認できる匿名認証の研究を進め、グループ署名技術として、組込み機器向けLSIへの実装を実現した。

開発した回路方式を用いたハードウェア・アクセラレータをサーバに搭載するシミュレーションを行った結果、従来のソフトウェアで処理する方法と比べ、1回当たり10倍以上の認証要求を処理でき、消費電力を100分の1以下に抑えられることが確認された。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事