ベイテック、キングソフトのオフィスソフト製品を販売開始

ベイテックシステムズは6月2日、 Google Apps を使った社内情報システムの導入支援サービス「サテライトオフィス・プロジェクト」の中で、Google Appsを利用している企業に向け、キングソフトのオフィスソフト製品「KINGSOFT Office 2010 Standard」の販売を開始する。

同製品は、「Kingsoft Spreadsheets 2010」(表計算ソフト)、「Kingsoft Writer 2010」(文書作成ソフト)、「Kingsoft Presentation 2010」(プレゼンテーション作成ソフト)で構成される。

同製品は、Microsoft Office 2003と互換性が高く、操作感も似ており、Microsoft Officeで作成された文書をそのまま作業することが可能。印刷機能、ピポットテーブル機能、VBA機能(VBA対応版のみ)も備えているほか、メジャーバージョンアップは無償となっている。

同製品とGoogle ドキュメントを併用することで、既存のオフィスソフト製品からスムーズに移行し、コスト削減を実現することができる。価格は以下のとおり。

製品名 価格(税込)
KINGSOFT Office 2010 Standard 4,980円
KINGSOFT Office 2010 Standard VBA対応版 5,480円
KINGSOFT Office 2010 Standard フォント同梱版 5,480円
KINGSOFT Office 2010 Standard VBA対応 フォント同梱版 5,980円

30日間無料で利用することが可能



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事