IBM、Chance(地銀システム共同化)プロジェクト向けクラウド環境を構築

日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は5月11日、「Chance(地銀システム共同化)プロジェクト」における分散システム基盤効率化の新たな取り組みとして、クラウドサービス(以下「Chanceクラウド」)を開始すると発表した。

同プロジェクトは、常陽銀行、百十四銀行、十六銀行、南都銀行、山口フィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行、日本IBMが共同で運営しているもので、三菱東京UFJ銀行から提供される情報システムを同プロジェクトに参加している地方銀行が共同で利用することを基本とし、これに参加行の共通ニーズと個別ニーズを反映させた「地銀共同化システム」を構築・運用している。

今回、同プロジェクトの一環として、今後も増加が予想される分散システム基盤の効率化・コスト圧縮を目的に、日本IBMのクラウド技術を活用した共同利用型の新たなスキームとして、2011年4月からプライベートクラウド環境の構築を開始し、2011年8月から「Chanceクラウド」として開始する予定。

「Chanceクラウド」の最初のサービス提供の対象業務としては、「電子記録債権」が予定されている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事