ソニーとSCE、不正アクセスに関する現状と今後の対応についてコメント

ニュース
トップ

ソニーとSCE、不正アクセスに関する現状と今後の対応についてコメント

  [2011/05/02]

ソニーならびにソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は1日、PlayStation NetworkおよびQriocityの不正アクセスに関する現状と今後の対応について、同日に記者会見を行い、コメントを発表した。

同社とSony Network Entertainment International(SNEI)は、今後も継続的にセキュリティ管理能力の向上に取り組むとともに、PlayStation NetworkおよびQriocityのサービスを地域ごとに段階的に再開。また、ユーザーへのお詫びと感謝の気持ちとして特別なサービスを提供するとしている。

米国カリフォルニア州サンディエゴ市内のデータセンターにあるシステムへのサイバー攻撃を受けて、SNEIは直ちにPlayStation NetworkおよびQriocityのサービスを停止し、複数の外部の情報セキュリティ専門会社とともに詳細かつ広範な調査を実施。また、PlayStation NetworkおよびQriocityのセキュリティの強度をあらゆる側面から検証するとともに、個人情報の保護強化を目的に様々な安全管理措置を新たに講じてきたという。

さらにSNEI社内に、新たにChief Information Security Officer(CISO)職を設置。CISOは、ソニーのチーフ・インフォメーション・オフィサー(CIO)である長谷島眞時氏に直接レポートし、個人情報管理体制のさらなる強化を図っていくとしている。

新たに講じた安全管理措置では、不正なアクセスの検知機能を強化し、ユーザーの個人情報をより厳重に管理、保護する仕組みを導入。具体的には、以下の対策が含まれる。

・新たな攻撃に対する自動的なソフトウェア監視機能と環境設定項目の管理機能の強化
・データ保護と暗号化のレベル強化
・PlayStation Network/Qriocityネットワークへの不明なソフトウェアの侵入、不正アクセス、不審行為の検知能力向上
・新たなファイアウォールの増設

加えて、SNEIは以前より計画に含まれていたシステムの他のデータセンターへの移管を前倒しで実施。さらにサービスの再開にあたり、プレイステーション 3のシステムソフトウェアをバージョンアップするという。しかし、これにより、すべてのPlayStation Networkユーザーはアカウントのパスワード変更をしなければならなくなる。

なお、より一層の安全を確保するため、パスワードはすでにユーザーのアカウントで機器認証されているプレイステーション 3、または登録している有効なEメールアドレス経由でのみ変更が可能。パスワードの変更に関する詳細は、各地域のwebサイトで案内するとしている。

PlayStation NetworkおよびQriocityへの不正アクセスについては、捜査当局に全面的に協力をし、不正アクセス者の特定、訴追に向けて徹底した調査を行うとコメント。現在までの調査ならびに対策を通じたPlayStation NetworkおよびQriocityの安全性の向上に伴い、SCEとSNEIは近日中に、地域ごとにサービスを段階的に復旧させていく予定。当初のサービスには以下の内容が含まれる。

・プレイステーション 3およびプレイステーション・ポータブルでのオンライン対戦、PlayStation Networkへのログイン認証が必要なタイトルおよびダウンロードされたタイトルのゲームプレイ

・PlayStation Networkのビデオ配信サービスでダウンロード済みのレンタル映像コンテンツのプレイステーション 3、プレイステーション・ポータブル、Media Goでの再生(有効期限内に限る)
・音楽配信サービス「Music Unlimited powered by Qriocity ("キュリオシティ"ミュージックアンリミテッド)」のプレイステーション 3およびプレイステーション・ポータブルでの再生(現行の会員限定、日本はサービス未対応)
・PlayStation Plusの各機能
・PlayStation Home
・アカウント管理、パスワードリセット
・トロフィーなどのフレンド機能
・チャット機能

また、SNEIは、決済システムのさらなる安全性の検証を継続し、PlayStation StoreおよびQriocityサービスの今月中の全面再開を目指すとしている。現時点では、クレジットカード情報が取得された形跡は確認されていないとのことだが、引き続きセキュリティの強化に取り組むとともに、地域ごとの状況、ユーザーの希望に応じたサポートを提供し、安心してクレジットカードを利用できるように努めていくという。

さらに、全世界のPlayStation NetworkおよびQriocityのユーザーへの感謝の気持ちをこめて、以下のサービスを提供すると発表した。

・特定コンテンツの無料ダウンロード
・定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」の30日間無料加入および現行会員向けに30日間無料提供
・"Music Unlimited powered by Qriocity"会員向けに30日間無料提供(日本はサービス未対応)

今後は、上記以外のサービスも順次追加していくほか、地域ごとに独自のサービスの提供も予定しているという。

ソニー代表執行役 副社長 平井一夫氏のコメント
「当社のネットワークシステムへの違法行為はユーザーの皆様にとってはもちろんのこと、業界全体にとって大きな脅威といえます。今回私たちが受けた攻撃は、拡大するサイバーセキュリティの問題を浮き彫りにしています。私たちは、ユーザーの皆様の個人情報の保護をもっとも重要なものと考え、サービスの復旧に24時間体制で取り組んでまいりました。このたび、安全性の向上を確認の上、一部のサービスを再開いたします。世界中のPlayStation NetworkおよびQriocityのユーザーの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたが、私たちはその過程で、ユーザーの皆様との関係の大切さをあらためて学びました。感謝の気持ちとしてユーザーの皆様に特別なプログラムを提供させていただくとともに、今後も安心して私たちのサービスをご利用いただけるよう、信頼回復に努めてまいります。」

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    東京都・銀座 資生堂ギャラリーででアラーキーの"今"の心境を捉えた写真展
    [12:43 10/23] クリエイティブ
    【レポート】米国でスタートしたApple Payの反応は? Appleにとっての存在意義とは?
    [12:37 10/23] 携帯
    動物の運動速度制御する神経回路発見
    [12:36 10/23] テクノロジー
    ライフネット生命、スルガ銀行のインターネット支店Dバンク支店で保険販売
    [12:35 10/23] マネー
    ピース綾部が仮面ライダールパンに変身!『MOVIE大戦』特典はドライブ0話DVD
    [12:35 10/23] ホビー

    本音ランキング

    特別企画

    一覧