BlackBerry BoldがOSバージョンアップ、「@docomo.ne.jp」が利用可能に

BlackBerry Bold

RIMが提供するNTTドコモ向けスマートフォン「BlackBerry Bold」のOSバージョンアップが4月27日の午前10時より提供される。今回のバージョンアップを利用することで、BlackBerry BoldのDevice Softwareを4.6から5.0にアップデートできる。

Device Softwareを5.0にバージョンアップすることで、新たに「@docomo.ne.jp」のメールアドレスに対応し、絵文字の利用が可能となる。また、サードパーティアプリケーションを一元管理するための機能「アプリケーションセンター」が追加される。

Device Software 5.0搭載後の利用イメージ。写真左が地図上に表示したジオタグ付きの写真、右がサードパーティアプリケーションを管理できる「アプリケーションセンター」

さらに、BlackBerry Mapsの描画速度が高速化し、ピクチャライブラリ上のジオタグ付き写真を地図上に表示できるようになる。このほか、メール送信時の添付写真のリサイズ機能、タイムゾーン自動切り替え機能が利用できるようになる。

ブラウザ機能も向上する。レンダリング速度が向上するほか、HTML5、JavaScript1.6、CSS3に一部対応し、表示再現性が向上する。SMSのUIも改善され、チャットライクにSMSが利用できるようになる。

なお今回のバージョンアップでは、BlackBerry Enterprise Service(BES)のバージョン5.0との組合せで利用可能となる新機能もある。

BES バージョン5.0と組み合わせた場合は、共有ファイルへのリモートアクセス機能が追加される。さらにアドレス帳も強化。個人用サブフォルダを利用する機能が追加され、個人用サブフォルダ(任意)単位で連絡先の同期の可否を設定できるようになる。また、アドレス帳にパブリックフォルダを利用する機能が追加され、任意のパブリックフォルダ単位で連絡先の同期の可否が設定できるようになる。

バージョンアップはOSがWindows 7/Vista/XP(SP3)のPCで、BlackBerryスマートフォン付属のソフト「Desktop SoftWare」を利用して行う。バージョンアップファイルのサイズは約157MB。バージョン書換時間は約60分。

人気記事

一覧

新着記事