「Office for Mac 2011」の1ユーザーパッケージが5月20日より通常販売に

「Microsoft Office for Mac 2011」の発売に際して発売記念限定パッケージとして販売された1ユーザーアカウントパッケージ「1パック」が、5月20日より通常製品として発売される。参考価格は、Word/Excel/PowerPointにより構成される「Home and Student 2011」の1パックが15,000円、Word/Excel/PowerPointに加えてOutlookも含まれる「Home and Business 2011」の1パックが25,000円。

Microsoft Office for Mac 2011 Home & Student(左)、Microsoft Office for Mac 2011 Home & Business(右)

「Microsoft Office for Mac 2011」は、2010年10月に発売となったOffice for Macの最新バージョン。Windows版Officeとの互換性を向上させ、高速化を行ったほか、Mac用Officeでは初めてOutlookが用意された。2011年4月13日には、サービスパック1としてバージョン14.1.0の更新プログラムがリリースされている。

「1パック」以外のパッケージは、「Home and Student 2011」の「ファミリーパック」が参考価格17,000円、「Home and Business 2011」の「3パック」が参考価格33,000円、「Academic 2011」が参考価格17,000円となっている。

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事