Samsung、「GALAXY S II」など2011年最新グローバルモデル説明会を開催

 

最新機種のGalaxy S II

サムスンテレコムジャパンは7日、都内でプレス向けに2011年最新グローバルモデル説明会を行った。会場にはSamsung Electronicsの最新端末「GALAXY S II」やタブレット端末GALAXY Tabシリーズの新製品「GALAXY Tab 10.1」の実機などが展示された。

冒頭、サムスンテレコムジャパン端末営業部長のオウ・チャンミン氏から韓国Samsungのこれまでの歩みが紹介された。続いて、先ごろ発表し今後グローバル市場で展開予定の最新モデルGalaxy S II、GALAXY Tab 10.1などに関する説明が行われた。

GALAXY S IIはGALAXY Sの後継モデルで、2011年2月にバルセロナで開催された「Mobile World Congress 2011」で発表された機種。OSには最新のAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載し、CPUには1.2GHzのデュアルコアアプリケーションプロセッサを搭載している。ディスプレイはサイズ4.27インチの有機EL「Super AMOLED Plus」を採用。全機種に比べ画質が向上しているという。

薄さ約8.49mm、重さ約116gの薄型軽量ボディ

底面にはmicroUSB端子を備える。バッテリー容量は1650mAh

800万画素カメラを搭載、1080pのフルHD動画の再生・録画が可能

GALAXY Tab 10.1は、最新のAndroid 3.0(Honeycomb)を搭載。やはりデュアルコアアプリケーションプロセッサを搭載しており、より高速で処理を行うことができるようになっている。ディスプレイは1280×800ドットの鮮明な解像度をもつ10.1インチのTFT液晶を採用。800万画素の背面カメラと200万画素の前面カメラを搭載、フルHD動画の再生・録画が可能になった。

薄さ約10.9mm、重さ約599gのスリムなボディ

ユーザーインタフェース(UI)は独自の「TouchWiz」を搭載

側面にSIMカードの出し入れをするスロットがある(写真左)

そのほか、会場では日本市場で見ることのできないグローバル端末が展示されており、自由に触ることができた。

若者向けにデザインされたAndroid 2.2搭載のGALAXY Ace

3.5インチHVGAのTFT液晶ディスプレイを採用、500万画素のカメラを搭載

SAMSUNG初となるWindows Phone 7搭載モデル「OMNIA 7」

1GHzプロセッサを搭載、ディスプレイには4インチの「SUPER AMOLED」を採用している

独自のオープンOS「bada」を搭載したハイエンドモデル「Wave II」

3.7インチのTFT液晶ディスプレイと500万画素のAFカメラを搭載する

世界初のAndroid 2.3搭載モデルとして注目された「Nexus S」

GALAXY GIO(写真左)とGALAXY FIT

GALAXY mini

人気記事

一覧

新着記事

アッコ、極楽・山本は「性格すごいいいヤツ」-「頑張ってほしい」とエール
[12:23 7/31] エンタメ
[松本人志]やくみつるの「ポケモンGO」炎上にコメント
[12:00 7/31] エンタメ
松本人志、『27時間テレビ』に求める意外性「100時間」「とんねるずと」
[12:00 7/31] エンタメ
女子高生女流棋士・竹俣紅が解説『朝日新聞社杯 第2期将棋ウォーズ棋神戦』生中継
[12:00 7/31] エンタメ
ジュエリースナップ 第363回 saopiyoさん
[12:00 7/31] ライフスタイル