ロジテック、最大450Mbpsの通信を実現した5GHz/2.4GHz帯の無線LANルータ

 

ロジテックは、理論値で最大450Mbpsの高速通信を実現したIEEE802.11a/b/g/n対応の無線LANルータ「LAN-WH450N/GR」、理論値最大300MbpsでIEEE802.11b/g/n対応のコンパクトな無線LANルータ「LAN-W300N/PR5」シリーズを発売する。出荷予定と価格(税別)は、「LAN-WH450N/GR」が4月中旬で19,000円、「LAN-W300N/PR5」シリーズが3月下旬で4,600円。

「LAN-WH450N/GR」

「LAN-WH450N/GR」

伸縮と角度調整が可能な3本のハイパワーアンテナを搭載し、5GHz帯のIEEE802.11n/a接続時で理論値最大450Mbpsという高速通信を実現(2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/n接続時は理論値最大300Mbps)。ただし、最大450Mbpsでの通信には、ノートPCなどのクライアント側も最大450Mbps通信に対応している必要がある。

本体側のスイッチでルータ機能を無効化でき、無線LAN/有線LANのオン/オフによって消費電力を減らす節電モードを搭載する。そのほか、マルチSSID、PPPoEマルチセッション、WPS、IPv6 Bridge、DoSファイアウォール、QoSといった機能を搭載。インターネット側のWANポート×1、およびLANポート×4は、いずれもGigabit Ethernetに対応している。

本体サイズはW35×D140×H170mm、重量は約300g。対応OSはWindows 98SE/Me/2000/XP/Vista/7、Mac OS X 10.4以降。

「LAN-W300N/PR5B」「LAN-W300N/PR5W」

「LAN-W300N/PR5B」

「LAN-W300N/PR5W」

本体サイズ/重量がW107.5×D68×H13.5mm/約25gと小型軽量で、USBバスパワーで動作する点が特徴。本体にminiUSB、microUSB給電ポートを装備し、miniUSB接続のACアダプタも付属する。ブラックモデルとホワイトモデルを用意。

IEEE802.11b/g/nに対応し、転送速度(理論値)は最大300Mbps。インターネット側のWANポート×1と、LANポート×4は10BASE-T/100BASE-TXに対応。本体側のスイッチでルータ機能を無効化できる。マルチSSID、PPPoEマルチセッション、WPSといった機能を搭載する。

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事