インターコム、iPadからIBMのホストに接続できるソリューション提供開始

インターコムは3月30日、IBMのホストコンピュータ(System i/iSeries/ AS/400)に接続可能な同社の端末エミュレータ製品のiPad対応版となる「FALCON 5250 for iPad」の提供を開始したことを発表した。

同ソリューションは、同社の端末エミュレータ「TN5250」の技術をベースとしてiPad専用に開発されたもので、コマンド入力などのほか、IBMの5250端末専用の独自キー配列を持つ「ホストキーパッド」も搭載されている。

同社は「FALCON 5250 for iPad」について、保険会社の営業用端末や物流倉庫での検品業務用端末などの用途を想定している。

「FALCON 5250 for iPad」のホストアクセス画面(タテ表示)

「FALCON 5250 for iPad」のホストアクセス画面(ヨコ表示)

「FALCON 5250 for iPad」のシステム構成図(SSLを使用したTN5250接続の例)

同社は今後、IBMや富士通、日立のメインフレーム用のiPad向けソリューションの開発を進め、順次商品化する予定だという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事