Chromeがロゴを変更

Google Chrome runs web pages and applications with lightning speed.

GoogleはChromeのロゴを変更したことを発表した。ロゴの基本デザインは従来のものと同じだが、従来の3D的なロゴからよりフラットでシンプルなロゴへ変更されている。すでにChrome 11開発版とChrome 11ベータ版のロゴが新しいロゴへ変わっている。Chrome 10安定版のロゴは既存のロゴのままだが、数週間以内に変更されることになるとみられる。

ロゴがシンプルなものに変更された理由は、Chromeが目指す「簡単に使える」「混乱せずに使える」「素早く使える」「サクサク使える」といった目的をより的確に反映するためだと説明されている。

従来のChromeロゴと新しいロゴ - Google Chrome Blog: A fresh take on an iconより抜粋

Chrome 11開発版のロゴ

Chrome 10安定版のロゴ

なお、Chromeとは対照的に、FirefoxとOperaはロゴを変更して従来よりもリッチなロゴを採用している。これには、新しいブラウザで実装された改善や新機能を表現する狙いがある。また、IEはロゴのリッチさはそのままで、より認識しやすいロゴへ変更している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事