NTTコム、東北地方太平洋沖地震に伴う公衆無線LANサービスの無線提供を発表

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴い、インターネット利用を支援するため、公衆無線LANサービス「ホットスポット」および「OCNホットスポット」を2011年3月31日まで無償で提供することを発表した。

無償提供となるサービスは以下のとおり。

  • ホットスポット(コース1、コース2、コース3)
  • OCNホットスポット(定額プラン、従量プラン)

なお、ホットスポットの以下のサービスは無料対象とならないことに注意が必要となる。

  • 1DAY PASSPORT
  • Bizリモートアクセスインターネットタイプ
  • OPENプラン
  • OPENプランライト
  • 海外ローミングオプション

また、対象者はホットスポットについてはすでに契約の方のほか、未契約者の方もインターネットからの申し込みにより即日利用可能となるとしているが、OCNホットスポットについては個人向けOCNサービスを契約の方としている。

なお、無償期間は2011年3月11日から3月31日で、定額料は当該期間を日割りにて減算するほか、当該期間中の申し込みについては、契約料は無料となるとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事