MSI、Radeon HD 6990搭載「R6990-4PD4GD5」などVGA新製品を一挙5モデル発表

ニュース
トップ

MSI、Radeon HD 6990搭載「R6990-4PD4GD5」などVGA新製品を一挙5モデル発表

  [2011/03/11]

エムエスアイコンピュータージャパンは11日、それぞれオリジナルクーラーや独自基板などで性能を高めたグラフィックスカードの新製品「R6990-4PD4GD5」(Radeon HD 6990搭載)、「R6950 AC Extreme」(Radeon HD 6950搭載)、「R6850 CYCLONE S 1G OC」(Radeon HD 6950搭載)、「R5450-MD1GD3H LP」(Radeon HD 5450搭載)、「N210-MD512D3 LP」(GeForce 210搭載)を発表した。3月15日より順次発売を開始する。

R6990-4PD4GD5

「R6990-4PD4GD5」

シングルカード上に2基の高性能GPUを搭載するAMD Radeon HD 6990搭載グラフィックスカード。MSIオリジナルOCユーティリティーソフト「AfterBurner」を利用することもできる。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が1,536基×2、コアクロックが830MHz、メモリクロックが1,250MHz(データレート5,000MHz)。メモリタイプはGDDR5 SDRAMで、容量は2048MB×2、メモリ接続バス幅は256bit。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express (2.0) x16。出力端子はDVI×1、mini DisplayPort×4で、ほかmini DisplayPort→DisplayPort変換ケーブル×1が付属する。

発売日は3月18日。オープンプライスで、店頭予想価格は82,800円前後。

R6950 AC Extreme

「R6950 AC Extreme」

冷却ユニットにArctic Cooling製トリプルファンを採用し、冷却能力に優れるAMD Radeon HD 6950搭載グラフィックスカード。MSIオリジナルOCユーティリティーソフト「AfterBurner」を利用することもできる。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が1,408基、コアクロックが800MHz、メモリクロックが1,250MHz(データレート5,000MHz)。メモリタイプはGDDR5 SDRAMで、容量は2048MB、メモリ接続バス幅は256bit。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express (2.0) x16。出力端子はDVI-I(デュアルリンク)×1、DVI-D(シングルリンク)×1、HDMI×1、mini DisplayPort×2で、ほかmini DisplayPort→DisplayPort変換ケーブル×1とDVI→D-Sub変換アダプタ×1が付属する。

発売日は3月15日。オープンプライスで、店頭予想価格は29,800円前後。

R6850 CYCLONE S 1G OC

「R6850 CYCLONE S 1G OC」

冷却ユニットに同社独自のサイクロンクーラーを採用し、冷却能力と静音性に優れるAMD Radeon HD 6850搭載グラフィックスカード。標準で独自のオーバークロック仕様となっているほか、MSIオリジナルOCユーティリティーソフト「AfterBurner」を利用することもできる。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が960基、コアクロックが820MHz(標準の775MHzからOC)、メモリクロックが1,100MHz(標準の1,000MHzからOC、データレート4,400MHz)。メモリタイプはGDDR5 SDRAMで、容量は1048MB、メモリ接続バス幅は256bit。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express (2.0) x16。出力端子はDVI-I(デュアルリンク)×1、DVI-D(シングルリンク)×1、HDMI×1、DisplayPort×1で、ほかDVI→D-Sub変換アダプタ×1が付属する。

発売日は3月15日。オープンプライスで、店頭予想価格は18,800円前後。

R5450-MD1GD3H LP

「R5450-MD1GD3H LP」

AMD Radeon HD 5450搭載グラフィックスカード。ヒートシンク冷却によるファンレス仕様のカードながら、1スロットサイズかつロープロファイル対応も可能だ。MSIオリジナルOCユーティリティーソフト「AfterBurner」を利用することもできる。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が80基、コアクロックが400MHz、メモリクロックがデータレートで1,333MHz。メモリタイプはGDDR3 SDRAMで、容量は1048MB、メモリ接続バス幅は64bit。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express (2.0) x16。出力端子はDVI×1、HDMI×1、D-Sub×1。

発売日は3月15日。オープンプライスで、店頭予想価格は4,980円前後。

N210-MD512D3 LP

「N210-MD512D3 LP」

NVIDIA GeForce 210搭載グラフィックスカード。1スロットサイズで、ロープロファイル対応。MSIオリジナルOCユーティリティーソフト「AfterBurner」を利用することもできる。

主な仕様は、ストリームプロセッサ数が16基、コアクロックが589MHz、シェーダクロックが1402MHz、メモリクロックがデータレートで1580MHz。メモリタイプはDDR3 SDRAMで、容量は512MB、メモリ接続バス幅は64bit。PCとの接続バスインタフェースはPCI Express (2.0) x16。出力端子はDVI-I×1、HDMI×1、D-Sub×1。

発売日は3月15日。オープンプライスで、店頭予想価格は3,980円前後。

関連キーワード

特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    富士フイルムの「フジカラー F-II400」が未来技術遺産に
    [10:26 9/4] 家電
    【レポート】【VMworld2015】ヴイエムウェア、マイクロソフトと"Windows 10推進で"協業
    [10:24 9/4] エンタープライズ
    【特別企画】子育ての悩みに世代差? 「平成ママ」と「昭和かあさん」の子育て常識・非常識
    [10:22 9/4] ライフ
    55/88インチの大画面で会議を円滑に、MSの「Surface Hub」が国内でも
    [10:18 9/4] エンタープライズ
    NTTドコモ、統合分析基盤にAWSのDWHを活用
    [10:16 9/4] エンタープライズ

    特別企画 [PR]

    一覧