米クラリゼン、クラウド型プロジェクト管理ツール日本語版を提供開始

ニュース
トップ

米クラリゼン、クラウド型プロジェクト管理ツール日本語版を提供開始

城ノ口敦弘  [2011/03/09]

米クラリゼンは3月8日、SaaS型プロジェクト実行管理ソリューション「Clarizen 5.0」の日本語版を4月から提供開始すると発表した。

米クラリゼン CEO アビノーム・ノボグロドゥスキー氏

同ソリューションは国外ではすでに数千社(1万ユーザー以上)の導入実績があるとされ、プロジェクト立案からタスクの実行管理、プロジェクトメンバーのリソース管理、進捗状況の把握、予算・実績管理(リアルタイムでの収支状況の把握)などが可能。これらの情報をプロジェクトメンバーがリアルタイムで情報共有できることが特徴とされる。

「Clarizen 5.0」には「プロフェッショナル版」(1ユーザーあたり月額2,500円)と「エンタープライズ版」(同4,000円)の2種類が用意され、申し込み後1ヵ月はトライアル期間として無料で利用できる(価格はいずれも税別。36ヵ月契約の場合の参考価格)。

米クラリゼン 日本オフィス 代表 東貴彦氏

「エンタープライズ版」は上述のような機能に加えて、ユーザーのニーズに応じたカスタマイズが可能となっているほか、他のソリューションとの統合を実現するためのAPI提供が行われる。

対象とされる顧客層はSOHOから大企業と幅広く、とりわけ社外や海外拠点とのプロジェクト実行管理の共有ニーズへの対応が訴求ポイントの1つとされている(実際にアンリツの米国拠点やNTTドコモのシンガポール拠点などで採用されているという)。

国内では同社による直販とクラウドサービスプロバイダーやSIerなどのパートナー企業による間接販売が行われ、クレジットカードによる支払のほか、企業のニーズに応じて見積書の発行や請求書払いにも対応する。

同社CEO アビノーム・ノボグロドゥスキー氏は日本市場参入理由の1つとして「多くの日本企業がクラウドサービスを受け入れる体制になった」という要素を挙げているが、今後はそのような背景をもとに「数社以上のパートナー企業を獲得し、2011年内に500社(2,000ユーザー)への導入を目指す」(同社 日本オフィス 代表 東貴彦氏)としている。

なお同ソリューションはiPhone対応済みとなっており、「3ヵ月以内にiPadにも対応させる予定」(ノボグロドゥスキーCEO)だという。

「Clarizen 5.0」のインタフェース。複数プロジェクトの管理に対応

進捗状況が容易に把握できるようになっている

プロジェクトメンバーの負荷状態の把握により効率的なリソースの割り当てが可能

関連したタグ


関連サイト

新着記事

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    【レポート】結婚する前に彼に質問しておくべきこと3つ
    [07:00 10/2] 恋愛・結婚
    山口県防府市で103年間稼働したJTたばこ原料工場跡地に工業団地
    [07:00 10/2] ライフ
    【連載】漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第28回 オウムの下克上!!
    [07:00 10/2] ライフ
    【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第403回 猫に「僕がご飯食べてるとこ見てて!」って言われるけどさ
    [07:00 10/2] ライフ
    【連載】インテリヤンキーの愉快な地元生活 第11回 面白い仕事を長く続けられる。名古屋にいてむしろラッキーでした
    [07:00 10/2] 住まい・インテリア

    特別企画

    一覧

      求人情報