Perl 5のロゴ登場、23年間食物連鎖を生き抜いた恐竜

When you need perl, think perl.org

Enlightened Perl Organisationの呼びかけを受けてSebastian Riedel氏がPerl 5をプロモーションするためのロゴを制作したことの顛末がA logo for Perl 5に掲載されている。ロゴは、小型の肉食恐竜「ベロキラプトル」を模倣したものになっており、GitHubにおいてCC-SAライセンスのもとで公開されている。

Perlは登場から23年ほど経っており、プログラミング言語としては古いもののひとつに数えられるとSebastian Riedel氏。古いものを揶揄して「恐竜」と呼ぶことがあるが、氏はこれを逆手に取って食物連鎖を生き抜いてきた恐竜だと説明。種類としては肉食恐竜で、映画「ジュラシックパーク」をよく見たあとでベロキラプトルを採用することにしたと説明している。

ベロキラプトルは白亜紀後期に生息した小型の肉食恐竜。諸説あるが、小型で俊敏に動作し、知能も高かったとされている。こうした特徴とPerlの特徴をかけて、この恐竜が採用されたものとみられる。

関連記事



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事