NEC、三井住友銀行にプライベートクラウドサービスを提供

NECは2月23日、三井住友銀行にプライベートクラウドサービスの提供を開始すると発表した。あわせて、三井住友銀行はNECが利用している交通費精算システムをSaaSとして導入する。

今回、NECのブレードサーバ「Express5800 SIGMABLADE」やストレージ「iStorage」などのハードウェアをベースとしたクラウドサービス基盤を三井住友銀行のデータセンター内に設置し、運用保守まで含めてサービスレベルを明確にしたサービスとして提供する。

これにより、三井住友銀行は、サーバCPUはコア単位で課金し、ミドルウェアはオプションサービスとするIaaSやPaaSの利用を開始する。同行はNECの交通費精算システムをSaaSとして利用することで、現在紙の資料で申請・承認を行っている交通費精算事務がWeb上に移行する。その効果として、自社構築した場合と比べて40%近くコスト削減することが見込まれている。

交通費精算のSaaSは、2011年3月から三井住友銀行の本部で試行が始まり、2011年中に同行の全部門に利用を拡大していくことが予定されている。

昨年12月に発表された中堅・中小市場向け「Express5800/SIGMABLADE」の新製品群

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事