残り180日、世界で最初にIPv4プールが枯渇する日本

ニュース
トップ

残り180日、世界で最初にIPv4プールが枯渇する日本

後藤大地  [2011/02/16]

Internet Protocol version 4

IPv4のプール枯渇を予測しているIPv4 Address Reportは2月15日現在で、もっとも早くIPv4プールが枯渇する地域インターネットレジストリ(RIR)はAPNICであると推測している。枯渇予測日は8月15日とされており、残り181日となる。

日本へIPv4の割り当てを担当している日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)はIPv4をプールしていないため、APNICのIPv4プール枯渇時期がそのまま日本の新規IPv4取得の終了時期になる。APNICでは最後の1ブロックを通常の割り当てではなく、IPv4インターネット接続を維持するために取り置くとしており、実質的に残り1ブロックになった段階で日本におけるIPv4新規獲得は終了することになる。

予測通りに進むと約180日後には日本に新規一般割り当て可能なIPv4が枯渇することになる。このままいくと日本はIPv4がもっとも早く枯渇する国のひとつとなる公算が高い。IANAのIPv4プールが枯渇した段階で、JPNICは日本におけるIPv4の枯渇時期を3ヶ月後から6ヶ月後ほどと予測。ほぼこの予測通りに推移している。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報