Sandy Bridge対応チップセットに不具合、修正・交換へ

 

米Intelは1月31日 (現地時間)、Intel 6シリーズチップセット (コードネーム:Cougar Point)に回路設計上の不具合が見つかったことを明らかにした。同製品は第2世代のIntel Coreプロセッサ (コードネーム:Sandy Bridge)と組み合わせられている。同社はすぐに出荷を停止。すでに問題を修正したチップセットの生産を開始しており、問題のチップセットを使用したパソコンメーカーなどの顧客に対して、OEMパートナーと共に回収作業を進め、必要な修正・交換などのサポートを行うという。

問題のあるチップセットでは、時間経過とともにシリアルATAポートの性能が低下し、ハードディスクドライブや光学ドライブなどシリアルATA接続デバイスの機能に影響が及ぶ可能性があるという。問題が確認されたのは1月9日から出荷された分で「影響を受けるコンシューマは比較的少ない」としている。第2世代のCore i5および4コアのCore i7ベースのシステムとして、エンドユーザーに販売された可能性があるが、CPUへの影響はなく、すぐに深刻な障害が起きることもないため、Intelがパソコンメーカーと協力して対策を用意するまで使用を継続しても問題ないという。

Intelは問題を解決したアップデート版のチップセットの提供を2月末までに開始し、4月には供給量を完全に回復させる計画だ。出荷停止と修正版チップセットの生産の影響により、2011年第1四半期の売上げが約3億ドル減少すると見込んでいる。また修正・交換に7億ドルの費用がかかると推測している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アカマイ、Web画像の最適化&高速配信を自動化する「Image Manager」発表
[14:13 9/28] 企業IT
『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電