NTTドコモ、クラウド型のスマホ向けグループウェアを4月から提供開始

ニュース
トップ

NTTドコモ、クラウド型のスマホ向けグループウェアを4月から提供開始

  [2011/01/19]

NTTドコモは1月18日、Android OSを搭載したスマートフォン対応クラウド型グループウェアサービスを開発したことを発表。4月より提供を開始する。

同サービスはNTTデータイントラマートが提供しているSOAシステム共通基盤「intra-mart」をベースとしたもので、ERPなどの基幹業務システムとの連携が可能であることが特徴の1つとされる。

今回発表されたクラウド型グループウェアサービスで提供される機能は「メール」「スケジューラ」「ドキュメント共有」「住所録」「営業日報」「ToDo・伝言メモ」の6つ。初期費用は無料で、利用料金は1IDあたり月額525円となる(別途パケット通信料やISP利用料金が必要)。

同サービスの現時点での対応スマートフォンは「Xperia」「GALAXY S」「GALAXY Tab」となっているが、「他のスマートフォンに関しては随時対応予定」とされている。ほかにiモードブラウザ2.0以降を搭載した携帯電話端末、PC(対応OSやブラウザは検討中)に対応する。

クラウド型グループウェアサービスの概要

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報