NTT Com、国際IPバックボーンの日米間回線容量を拡大し400Gbpsに

ニュース
トップ

NTT Com、国際IPバックボーンの日米間回線容量を拡大し400Gbpsに

  [2011/01/13]

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は1月13日、国際IPバックボーンの日米間回線の容量を400Gbpsに増速したことを発表した。昨年1月にそれまでの189Gbpsから300Gbpsに大幅拡大しているが、わずか1年でさらに100Gbpsの増速を果たしたことになる。クラウドコンピューティング、SNS、Twitter、さらにはスマートフォンやタブレット、音楽/動画配信のトラフィックが大幅に伸びたことが要因とされている。

NTT Comの国際IPバックボーンは、国内外の固定/携帯電話会社、ISP、データセンター事業者、コンテンツプロバイダなどが接続しており、日本と海外を結んだ主要なインターネットトラフィックを運ぶ重要なインフラサービス。なかでも日米間回線は最も需要が大きく、1997年のサービス開始時は45Mbpsだった容量が3年後の2000年には1Gbpsに到達、さらに7年後の2007年には100Gpsという驚異的な伸び率で増速を続けてきた。今回到達した400Gbpsという容量はISP業界では世界最大級で、地上デジタル放送なら約2万4,000チャネル、新聞であれば342年分に相当するデータ量になる。

今後もグローバル規模でトラフィックが急速に拡大すると見られており、NTT Comでは高速かつ安定的に配信するためにネットワークの容量拡大に努めていきたいとしている。

国際IPバックボーンの日米間回線容量の推移

関連したタグ


ITセミナー

一覧

注目特集

関連記事

関連サイト

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    全国7都市で96種類のビールが飲める"ベルギービールウィークエンド"始まる
    [05:30 3/1] 旅行
    Fリーグ2014/2015プレーオフファイナル第1戦……大阪が引き分けに持ち込み、2戦目の決戦へ
    [05:11 3/1] ライフ
    乾&長谷部がフル出場のフランク、マイアー弾2発で10人のHSVに勝利
    [04:22 3/1] ライフ
    ミランは投資家にモテモテ?“ミスターB”に続き中国からも投資の動きか
    [02:40 3/1] ライフ
    石川遼 5試合ぶりに予選通過「優勝争いしたい」
    [02:40 3/1] ライフ

    特別企画

    一覧

      求人情報