OpenBSD IPSEC初期コードにFBIのバックドアの可能性

ニュース
トップ

OpenBSD IPSEC初期コードにFBIのバックドアの可能性

後藤大地  [2010/12/15]

OpenBSD

OpenBSDプロジェクトのTheo de Raadt氏がAllegations regarding OpenBSD IPSECというタイトルで記事を公開した。「Allegations (まだ事実かどうかわからない主張)」という言葉からもわかるように、主張されている内容が真実であるか、もしそうだとしてどの程度の影響があるのかは不透明な状況にある。しかし、仮に主張が事実だとするとネットワークセキュリティに大きな影響を与える可能性があり、関係者は事態を迅速に把握しておく必要がありそうだ。

Allegations regarding OpenBSD IPSECは、Gregory Perry氏がTheo de Raadt氏にプライベートで送ってきたメールを公開した内容になっている。その内容によれば、Gregory Perry氏がNETSECのCTOを務めてきた当時、FBIのコンサルティング業務も実施していたという。そしてその業務の関連で、ドネーションを実施していたOpenBSD Crypto Frameworkにいくつかのバックドアを仕込んだという。2000年から2001年あたりのIPSECスタックが該当するとのことだ。FBIとの非開示契約が最近切れたことから、この事実を伝えたと説明がある。

以前OpenBSDプロジェクトはDARPAから補助金を得る話が進められていたが、理由が不明のままキャンセルとなったことがある。説明によれば、DARPAがバックドアが仕込まれていることに気がついたことが原因ではないかという説明もある。

OpenBSDのIPSECスタックや関連コードはほかのOSやプロジェクトでも採用されている。そしてこの10年間に渡って変更や修正が継続して実施されている。このため、主張されている内容が真実だったとして、どの程度の影響があるのかは現段階では不明だという。

関連したタグ

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報