羽田-新千歳間フライトの操縦席音声を完全収録 - iPhoneアプリ「機長席」

ニュース
トップ

羽田-新千歳間フライトの操縦席音声を完全収録 - iPhoneアプリ「機長席」

御木本千春  [2010/12/09]

「機長席」(イメージ)

エキサイトは9日、航空機録音のスペシャリストである武田一男氏がプロデュースしたiPhone / iPod touchアプリケーション「機長席」の配信をApp Storeにて開始した。価格は1,200円。

同アプリは、約1時間のフライト操縦席音声と、その内容に関する詳細な解説が付いた航空ファン向けのアプリケーション。プロデュースは、様々なメディアで航空ファンに向けて多くの作品を発表してきた映像・音楽プロデューサーの武田氏が担当。通常は非公開の大型ジェット旅客機の操縦席で繰り広げられる、空の旅の臨場感を体験できる内容になっているという。

航空ブログで話題の「ボーイング777コックピット」のメカサウンドや、羽田空港を離陸して新千歳空港に着陸するまでの操縦席の生音(約1時間)と、その全内容の対訳解説テキストを収録。音声は、15秒 / 30秒の巻き戻し&早送り機能を使って、繰り返し内容を確認することができるほか、車内BGMとしても使用することが可能とのこと。

目次(イメージ)

フライトの対訳解説テキスト(イメージ)

東北空路地図(イメージ)

武田氏は同志社大学卒。航空機録音のスペシャリストとして知られ、特にコックピットでの録音を専門としている。コンコルドから747、そしてDC-3まで多数の航空機のコックピットを録音した作品をリリースし、独自の航空サウンドの世界を創造。また、日本航空ジェットストリーム・シリーズなど、様々な映像・音楽作品のプロデュースを行っている。

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    ヤマハ、独立構成の電源や192kHz/32bit DAC搭載のネットワークCDプレーヤー
    [15:50 9/3] 家電
    ローランド、初の光造形式3Dプリンタ「ARM-10」と新3D切削機「SRM-20」
    [15:46 9/3] パソコン
    サイエンスダイエット猫用ドライがリニューアル、待望の「まぐろ」が登場
    [15:38 9/3] ライフ
    東京都・台東区で起業を目指すクリエイター向けの"創業スクール"を開催
    [15:31 9/3] クリエイティブ
    SAS、塩野義製薬とHadoop上でビッグデータを活用した研究プロジェクト
    [15:16 9/3] エンタープライズ

    特別企画

    一覧